世界名作?劇場

この間、友達と、昔観ていたアニメという話になった。
世界名作劇場のシリーズは良かったね~などと盛り上がった。

あのシリーズ、ハイジ~ペリーヌまでは観ていた。(ラスカルは途中まで)
その後しばらく観なくなり、大分大きくなってからセーラ、ポリアンナ(途中まで)を観た。
子供の頃はストーリーが面白いと思ってみていたが
大抵の場合、主人公はあまり好きではなかった。

特にポリアンナは大嫌いだった。
あのテンション、良かった探しの鬱陶しさ。親切の押し付けがましさ。
当時、学校の友達と「あのガキ、ムカつくよね~」などと毒を吐いていた。
あまりにも憎みすぎて、ポリアンナが事故にあった回を最後に、
自分の中では奴が死んだことにして勝手に葬り去り、観ることをやめた。
(私の性格の悪さはとひねくれぶりは筋金入り)
以前、こまっしゃくれた子役は嫌いだとブログ内のどこかで書いたことがある気がするけど
この手のアニメの主人公に対しては、それに通じる嫌悪感がある。

ハイジの頃はかなり小さかったので毒は吐かなかったが
ハイジの性格もあまり好きではない。
おじいさんのような生き方に憧れていたことと、ストーリーとしてはかなり良質なこと、
フランクフルトのセバスチャンや犬のヨーゼフが大好きなので、見つづけていた。

ハイジは大人になってから、再び観る機会があったが、大人の目で観るとまた違う。
おじいさんの生き方にも一層共感できるようになったし、ロッテンマイヤーさんはいじわるなのではなく、
ただ自分の職務に忠実だっただけだし、ハイジの性格も以前よりは受け入れられるようになっていた。


あのシリーズで好きなのは母をたずねて三千里と、ペリーヌ物語。
ペリーヌは押し付けがましくない性格なので嫌いではない。
母をたずねて三千里の主人公の友達のフィオリーナも地味で控え目でいい。
どちらも長い長い旅をして、最後にめでたし、めでたしという話も好き。

セーラも、善意の塊で本来は好きではないはずだが、とことん苦労するせいか嫌いではない。
(セーラママと言ってまとわりついている小さな子は大嫌いだった)
フランダースの犬、ああいう結末はやだ。
私よりも斜めの見方をする友達は
「あの犬が不幸を呼んだ。あの犬を飼い始めてから貧乏を極め、いじめられ、天涯孤独になり、
 コンクールには落ち、放火犯の疑いをかけられ、最後は凍死。すべてあの不幸顔の犬のせい」
 …それは違うだろう… あの不幸顔の犬がいなけりゃ話が展開しない


ところでハイジは盗作?かもしれないらしい

====
「アルプスの少女ハイジ」原作に盗作?疑惑
4月13日10時51分配信 読売新聞
【ジュネーブ=平本秀樹】スイス人女性作家ヨハンナ・シュピリが1880年に書いた小説「ハイジ」が、
その50年前にドイツ人作家が書いた別の作品によく似ていると若手文学研究者が指摘、
スイスメディアは、「ハイジの“父親”はドイツ人だった」などと大きく報じている。
この小説はアニメ「アルプスの少女ハイジ」の原作で、騒ぎのきっかけは、
ドイツで活動する文学研究者ペーター・ビュトナー氏(30)が、
ドイツ人詩人・作家のヘルマン・アダム・フォン・カンプが1830年に発表した
「アルプスの少女アデレード」と題する作品を偶然見つけたこと。
この作品の主人公の名前アデレードは、ハイジの本名(アーデルハイド)とそっくりなうえ、
作品の筋書きや描写もシュピリの原作小説と酷似しており、
シュピリが、この作品を下敷きにした可能性が高いという。
スイスのフランス語紙「バン・ミニュット」は、「ハイジは盗作。神話は崩壊した」と報じるなど、
スイス国内で波紋が広がっている。

読売新聞  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000477-yom-soci
====

事実だとすれば残念なことだ。

そしてハイジ関連でもうひとつ
初めて見た時、おなかを抱えて笑った日産のCM
低燃費少女ハイジ 低燃費オンジ篇
http://www2.nissan.co.jp/NOTE/E11/0801/index.html?page=w10

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ