君が代・橋下氏

【新年度】橋下知事が任命式の国歌斉唱に「声が小さい!」
大阪府の新規採用職員任命式が1日、大阪市中央区の府庁新別館で開かれた。
今年度から式典の開会にあわせて国歌斉唱を導入。橋下徹知事は「声が小さい」と一喝。
「みなさんは国家のもとで仕事をするのだから、思想信条の自由とかいっている場合ではない。
国歌はきちんと歌うのが義務」と早速、新職員に橋下流の洗礼を浴びせた。

 ■橋下家の子供も歌えず…/市長「大阪市こそ中心」

任命式では例年、国歌斉唱は行われていなかったが、橋下知事からの指示を受けて実施することに。
今年は新たに137人が入庁。国歌を歌っている職員も、そうでない職員もいたが、
みな緊張した面持ちで式典に臨んでいた。
訓示のなかで、橋下知事は「うちの子供が国歌を歌えなくてびっくりした。
みなさんは公務員になって憲法を順守すると誓った。国家のもとで仕事をするのだから、
国家国民を意識しないといけない。これからはことあるごとに国歌斉唱をしていきます」と訴えた。

これまで国歌をきちんと歌ったことがないという男性職員は
「学校などで国歌を学ばなかったので、歌えなかった。日本人なのでこれからは歌えるようにしたい」。
別の女性職員は「歌えるけど、恥ずかしくて声が小さかった」と話した。

(後略)
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100401/lcl1004011205005-n1.htm

= = = = = = = = = = =

橋下氏の言動については、たまに違和感を覚えることもあるけど
この君が代の件については、これでいいと思う。

>これまで国歌をきちんと歌ったことがないという男性職員は…
こんな人がいるとは驚き。
子供が歌えない(知らない)というのもショック。
これほどまでに、日教組の汚染が広がっているとは。
>これからはことあるごとに国歌斉唱をしていきます
よい事だと思う。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ