日記(1/12)

実家からもらった大根にすが入っていた。
がっかり。
この前は大根を炭にしてしまったし、この冬は大根運(なんだそれは?)が良くないかも。
おもしろそうかも・・と思って見始めたNHK土曜時代劇「咲くやこの花」も揃いも揃って大根だったし。
でも、一応最後まで見ようかな。
百人一首は私も大好きですべて暗唱していたこともあったし
藤本さんが描くネガティブ思考の女性は嫌いじゃないので。
でもお江戸でござるに毛がはえたようなもの程度かも。

大根もがっかりだけど
一年半前にかぶせたばかりの歯は餅を食べたらまた取れてしまったし
他にもいまいちな出来事が重なって、ちょっと気が滅入る。
でも、なんとかここで食い止めたい。


年末年始の帰省時
炊きたてのご飯を自分の子供には食べさせ
それ以外の人には前回炊いた(決して古くはないが)温めご飯をよそう姉。
(母だったら、私を客と扱って炊きたてを食べさせてくれるのに)
別に姉自身も前回分を食べているのだし、いいのだけど、
じゃあ、平等に自分の子にも皆と同じのを食べさせれば?
正月期間は毎日神前に供える(朝は餅で夜は新米のご飯)ので、
その都度炊かなきゃならないから、こんな事態が発生する。
ちょっと機嫌を損ねる私、何様だ。
それより、帰り、母はなぜ見送りにでてこなかったのだろう…
こんなことは初めて。
よほど疲れていたのか、具合が悪いのか
いらだっていたのか、つらかったのか
わからない
ずっと引きずっている。おまけにタイミングが悪くて電話しても入浴中だったりする。
電話をして母がでられないとがっかり。


カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ