切り抜き

暮れの新聞より切り抜き

日本経済新聞平成21年12月29日文化面

赤ずきん絵本十選
板橋区立美術館学芸員 松岡 希代子

グレーのおおかみ
女の子とおおかみという、対立するキャラクターを確立させている赤ずきんの物語だが、
現代ではポリティカル・コレクトネス(言葉や表現に差別や偏見のないこと)の面に
配慮された絵本も生まれている。
そもそも、赤ずきんが美少女でなければいけない、というのは男性社会の幻想でしかないし、
女の子が助けを待つだけの、弱いものとしてばかり存在しているというのもリアリティーがない。
ましてや、おおかみが黒く描かれることには、黒いものは悪であるという感覚をすりこませることとして、
避けるべきだという考えもある。
これら現代社会のさまざまな気配りを反映させて生まれたのがこの赤ずきんだ。注目すべきは、
あまりかわいらしくない赤ずきんと、グレーのおおかみである。おおかみのお腹を切り裂く、
という動物愛護の精神に反するシーンも除かれている。
このように赤ずきんは、時代の価値観や表現の変化を敏感に反映して描かれ続けてきた。
しかし、どんなに表現を変えても、赤いずきんをかぶった小さなものが危機に出遭うという骨格さえあれば、
私たちは赤ずきんの物語をイメージできる。
それが赤ずきんというキャラクターの持つ底力なのかもしれない。
(キャンディス・ランソム著、タミー・リオン絵「赤ずきんちゃん」より、
 2002年、米スクール・スペシャリティ出版社刊)


 ==============

この記事をここに書いたのは、感心したからではない。
ぞっとしたから。
差別や偏見を「社会」から無くそうとすることについては正しい。
無意識の差別は厄介なもの。こういう面での取り組みも意義があるのかもしれないけれど
・・・でも、なんだか気持ちが悪い。
このような「配慮」には違和感がある。
何が、どのように気持ち悪いのかはうまく言い表すことができない。
必要以上の配慮は逆に偏見を生む。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ