第833回「探し物は何ですか?」

FC2 トラックバックテーマ:「探し物は何ですか?」



うっかり無くしてしまったものはいくつかあるけど
一番まずいと思ったのは、職場の机の鍵。
会社外に持ち出すことはなかったので、
絶対に職場内、しかもそのフロア内にあったはずだけど
とうとう見つけることはできなかった。
(たぶん何かにまぎれてごみ箱の可能性が高い)

引き出しの中は空。
普段使っている机ではなく、書類保管庫として、古参の何人かに与えられていた机の一角。
いつもは帰りに仕事の資料を入れる。
帰りにしか鍵はかけないのだが
たまたま、その日だけその机に座って仕事をしていた某人が
私のひきだしを何気なく開けて見ているのを後ろから目撃し
「ん!」と思って昼休みに鍵をかけておいた。
その鍵をなくしてしまった。

引き出しの中は空なので私としてはどうでもいいのだけど
その引き出しは永遠に使えない。
派遣先の器物に損害を与えたことになる。
直のチーフに相談したところ
私は内緒にするつもりは無かったのに、誰にも言わないようにと言われ
(つまりはそれくらい、まずいことだということ)
(でも親しい2、3人にはもう言ってしまっていたけど)
何日もふたりでカーペットをはがすほどの勢いで探した。

チーフが言うには、引き出しが開けば、別に鍵などなくてもいいとのこと。
古机で、スペアキーも既にないとのこと。
で、今度は机を開ける方法を調べてみる。
ネットで机の鍵のこじ開け方を調べても、怪しいサイトばっかり。
工具で鍵部分を壊したら、それこそ器物損壊。
派遣元はこういうときのために?保険にも入っているはずだし
業者に頼むとしても調べた限りでは1万ほど。
私は、始末書を書いて、早く自分のしでかした重さから解放されたいと思ったけど
元々空き机なのだからそこまですることはないという。
(この時、すでに部署解散が決まっていた)

それでも、心配で
解散する日、チーフに「鍵のことですが・・」と言いかけたら
「しーっ!」と制され、そのまま。
未だにどこか落ち着かない。
でもチーフの心遣いには感謝している。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ