子供の頃は鮮明で印象深い夢をたくさんみていた。
当時から夢に強い関心を持っていて、夢占いの本も以前はたくさん持っていた。

夢に関心を持ち始めるとさらに夢をたくさんみるようになった。
きちんと日記風に記録していたこともあるけれど今は思いついたときだけ記録している。

夢をきちんと記憶していることは前に比べて少なくなった。
夢は、精神状態をそのまま反映しているように感じる。
最近の夢は途切れ途切れで夢の中の感情は不快なことも多く
眠りも不安定で頻繁に途中ではっと目覚める。
不快な感情はそのまま残っている。
そのあと眠ることができないこともある。

またそれとは別の話だが
私は夢の中で、これは夢だとわかっていることが結構ある。
何かから逃げていても夢だと気が付いて走るのをやめたり
逆に、夢だから平気なはず と高いところから飛びおりて見事な着地をしたり
遅刻しそうになってもあわてなかったりする。
心配事をしている家族に、これは夢だから大丈夫だよと言うこともあった。
お金が道端に落ちていて、「どうせ夢だからだまされないよ」と思っているという夢もみた。

夢の中で夢を見ていることもある。
夢だからどうでもいい…と言って目覚めた。
でも、まだそれも夢の中だった。という夢。
私の周りの人は、そんな夢は見ないというが
夢の中で夢だと自覚していたり夢の中で夢を見たりすることはそう珍しくは無いとの事(本によると)

そういう夢を見た後は疲れる。
疲れているからそういう夢を見るのかもしれない。

よくみる夢で
思うように歩けないというのがある。
それから、実家付近の道
どこかから家に帰ろうとする場面をよくみる。
なかなか家にはたどり着けない。
昔、通学路としてよく歩いた道がでてくるがどことなく、ちょっと違う。

そして家がなかったり、行き過ぎてしまったり
誰もいなかったり、別の人が住んでいたり
別の建物になっていたりする。

私は家に帰りたいのだろうか…
家に帰りたいというより、昔に帰りたいのかもしれない。
昔は良かった、子供の頃は良かった、という思いはさらさらないが
親の庇護の元にいた頃が懐かしいという思いはある。
(それはそれで窮屈だったけれど)

何本もある線路を歩いて横断する夢と
海を眺める夢
これもよくみる。

同じようなテーマの夢をある時期に繰り返しみるということもよくある。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ