首周り

昔より今の方が
首周りのあざが気になるようになった。

以前は夏場、わりと平気で首周りのあいた服を着ていた。
今、他人の視線等はどうでもいいと思っているのに
なぜか首周りは見せたくない。
髪が短くて首周りをごまかせないというのもあるけど
首が丸見えの服はどうしても着たくない。
自分で自分を見たくない。

ところで、私は襟のない服を着ていると
首からぶら下げるタイプの社員証がいずくていずくて(方言)しょうがない。
じかに首からぶら下げると肩こりの度合いが酷くなるような気がする。
首周りを隠したいのと、社員証がいずいということで
首が隠れる服を選ぶことが多い。
見た目は暑苦しいかもしれないけど、自分の体感としては暑くもない。

首から何かをぶら下げるのはなんでもいや。
ネックレスは疲れる(それに金属も苦手だし)
トルマリンとか磁気ネックレスとか肩こりを緩和するという目的のものであっても
ますます肩こりが酷くなる。
紐を首で結ぶ服なんてとんでもない。
見ただけで首が張る。
エプロンは紐のものはだめ。
スカーフも苦手。
とっくりも苦手。
とっくりとスカーフは首周りを隠すのにはいい道具だけど使わない。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ