日記(4/12)

大分あたたかくなって窓を開けていると気持ちがよいと感じるようになった。
ひばりの鳴き声も聞こえる。

ひばりの鳴き声は子供の頃、田舎に住んでいたときからよく聞いているが
姿を見たことは一度もない。
見ているのかもしれないが、どんな色、姿なのか知らないので
それがひばりだとは気がつかない。

鳥のさえずりを聞いているのは好きだけど
あまりくわしくはないし、鳥の姿や生態にもそれほど興味があるわけでもない。

鳥に関する記憶に残る出来事と言ったら
幼稚園に入る前、昼寝から起きたらなぜか枕元に鶏が立っていたこと
 (当時飼っていた鶏に逃げて家の中に入り込んだ?)
幼稚園の遠足で鳩の糞が肩についたこと
 (2,3日、糞、糞とバカにされた)
中学生の頃、雉に追いかけられたこと
 (怒って体を膨らませた雉がいきなり原っぱから飛び出してきて追いかけられた)
7、8年ほど前、からすにのど飴をもらった事
 (のど飴の大袋をくわえていたカラスが咳をした私にひとつ飴を投げた←事実)
…これぐらいしかない。

あ、あと小学生の頃うっかり雀を死なせてしまった。
(雀、ごめんなさい)


出かけるにもよい季節になったが
週末は桜を見にちょっと出ただけ。
桜の花びらをくわえていた鳥がいた。





カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ