眞子内親王殿下ご婚約

2017.9.3 15:17
【眞子さまご婚約内定】「婚約内定、まことにうれしく思います」眞子さま、小室さんと記者会見

「本日、天皇陛下のお許しをいただき、婚約が内定しましたことを、まことにうれしく思います」。
ご婚約が内定した秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまと国際基督教大(ICU)時代の同級生、小室圭さん(25)が
3日午後3時から、赤坂御用地(東京都港区)内の赤坂東邸で記者会見に臨み、現在の率直な気持ちを打ち明けられた。
眞子さまは平成24年6月、都内で行われた留学生の意見交換会で小室さんと知り合い、
すぐに意気投合して交際を重ねられてきた。
記者会見では、交際の経緯やプロポーズなどについても、お二人の口から披露されるかに注目が集まっていた。
眞子さまはこの日午前、秋篠宮ご夫妻とともに皇居・御所を訪れ、天皇、皇后両陛下にごあいさつ。
その後、眞子さまが両陛下に小室さんを紹介された。
これに先立ち、天皇陛下は眞子さまのご結婚を認める「裁可」をされた。
http://www.sankei.com/life/print/170903/lif1709030046-c.html

会見全文
http://www.sankei.com/life/news/170903/lif1709030037-n1.html
http://www.sankei.com/life/news/170903/lif1709030046-n1.html

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

眞子内親王殿下、御婚約おめでとうございます。
小室さんの緊張感が伝わってきたが、微笑ましい会見だったと思う。
小室さんの出自や経歴についての危惧を耳にしたり、目にしたりすることもあるが
降嫁される方なので、そこまで煩く言う事でもないと思う。
たしかに旧皇族の方と結婚して悠仁天皇を支えて欲しかったという気持ちもあるが
藩屏となって頂きたかったということであり、
女性宮家はどなたであろうと反対なので、これで良かったのだと自分に言い聞かせている。
何より、お二人はお幸せそうだし、両陛下、秋篠宮両殿下が祝福しているのだから。
出自云々を言うのならば、三代前までしかはっきりしていない人が皇太子妃として入り込んでしまっているのだから
今更、である。
何度かここにも書いているワールドメイト会員が、けちょんけちょんに小室さんを貶しているという事は
案外、小室さんはきちんとした人なのかもしれない。
(ワールドメイト会員はマサコサマ絶賛教なので
…単にその者が秋篠宮家の慶事の全てにケチをつける病気なのかもしれないが)
これまで真摯に心を込めてご公務を務められてきた眞子さまだから、本当の一般人になってしまうことは
やはり寂しいし残念だが、お幸せをお祈りしたい。

お祝いコメントにさり気なく女性宮家の話を混ぜているのは今日の時点で
前原、小沢。
この顔ぶれを見ただけでも、女性宮家を推しているのはどんな輩かわかるというもの。
目的はいずれは皇太子の娘を天皇にすることだろう。
女性天皇、女系天皇(雑系天皇)、皇室破壊、伝統破壊、日本破壊が真の目的なのだろう。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ