夢2017年7月-

薄いグリーン地の車
どこかの屋号のような文字が端のほうに書かれている
親戚の車?
タイヤ交換するらしい
~~~
通っていた高校のすぐ手前の小高い場所に立つ家と神社
(実際の地形とは違う)
その家に出入りしている
(夢の中の設定では)度々自由に出入りしていて
その日も窓から入ろうとしていたが家人がいて
反対側の壁の中に隠れる
神社は外側からも参拝できる
~~~
学校?
何かの長に立候補する
嫌で嫌でしょうがない
同じように立候補している葬儀屋の息子が演説している(この前の市長選情報が紛れ込んでいる)
私は自ら立候補したわけではないので
演説で何を言おうかと困っている
それどころではなく、白地のTシャツで胴部分がベージュの格子で
薄いグリーンの地色に大きな花が描かれたエプロンのようなスカートで
あり得ない組み合わせの服でどうしようかとそれにも困惑
でも薄手の黒いカーディガンも着ていたはずだと思い返すとやっぱり着ていた
とりあえずはTシャツの模様が隠れるのでマシだと思った

----------------------
畑のようなどこかの室内のような一画
土の中に大量の虫が蠢いている
殺虫剤で一掃する
壁を貼り直したりしてきれいになっているが
すぐに壁紙が剥げてきている

----------------------
街中
仕事帰り?(今はない土曜半ドンの感じ)
銀行のATMを探す
土曜は14時までのところもあって、なかなか探せない
キャッシュコーナーの裏側にコンピュータールームのようなところがあって
その場所で(夢の中の記憶で)働いたか、研修を受けたような記憶がある
百貨店の中のATMコーナーも探し
16時までやっているところを見つける

----------------------
実家 以前の建て直す前の建物?
兄が父を迎えに行っていて、今帰るよという電話がある
すぐに父が帰ってくる (お盆前によく見る、父がどこかから帰ってくる夢)
40代くらいの父
私はうれしくてうれしくて、子供の頃のように父にまとわりつく
やっぱり死んだなんてうそだった―と思う。
途中で夢だと気が付いて、気が付いた途端に姿が消えてしまう
父が座っていたあたりに必死で話かける
父は返事してくれる

----------------------
元同僚のSさんと道端で会う
こちらから声をかける
向こうは、最初、私の苗字を間違え、「Tさん?」と呼ぶ
話しながら歩き、駅に着く
Sさんは改札を通るが
私は駅の正面のほうにまわる
私もイクスカで通れば良かったかなあと思いつつ、切符を買わなければならないので
駅の中へ
よく見ると実家もよりの(私鉄の)旧駅舎

----------------------
父と並んで歩く

----------------------


----------------------
どこかの会社
数人と一緒に入社
ふたりの人(男女)と親しくなる

----------------------
昔の同僚と道端で会い、話ながら歩く
道路沿いの一角に、その人の職場があるという
覗いてみると、他にも知っている元同僚が2、3人+知らない人たち。
(当時)なかなか子供が授からないと言っていた同僚が、子供をおんぶして働いていて
よかったなあと心の中で思う。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ