ひとりごと

この前のダーツの旅は「高清水」だったが
あれにでてきたおじさん…スタッフに道端に生えていた野蒜を勧めていた人、ああいう人は本当に苦手。
決してあの辺を貶すつもりはないが、ああいう人は実家周辺にもたくさんいる。
父方の親戚にもああいうのがいる。
勧めておいて、いざ食べると
「ふん、そんなもの食べるやつはいない」「こんなの食べたことはない」
面白いつもりなのかもしれないが、不愉快。あれはほんの一例。
※野蒜は食べられる。おいしくはないが。
あの手のもっと手の込んだ意地悪さ(おそらく無意識)に
私の母などは他所から嫁いできて、さんざんやられた。
もちろん、親切な人も沢山いるし、あれを意地悪と捉えるのは被害妄想のようなものかもしれないが
とにかく、たったワンシーンで見事に県北の嫌な人(私主観では苦手な人)を表現していた。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ