今更だが

先週の土曜日、「アナと雪の女王」が フジTVで放送された。
地上波初だったそう。
そしてエンディングで物議をかもしているようだ。

私も見ていて、凍り付いた。
抗議しようとまでは思わないが、残念。

「アナと雪の女王」は姪がDVD(ブルーレイ?)を持っているので
一昨年の年末に実家に帰った時に見せてもらった。
私はディズニー映画はそれほど好きではないのだが
「アナと雪の女王」は、結構面白いと思った。
で、家族と最後まで見て、エンディングは家族がM・Jが嫌いだということで姪が早送りして終わらせていた。
後日、エンディングの後、おまけ映像があるとネットで知って
(エルサが捨てた王冠を雪男が自分の頭にのせるらしい)
それを確認するために見たというのに…
なんということか…


ところで物語のラストシーン
アナを救う「真実の愛」はエルサの愛 と解釈している人が私の周りにもネット上にも沢山いるが
そうじゃないよ…とずっと思っていた。
アナを救ったのはアナ自身だ。
そのシーンの少し前で雪だるまが言っている。
「愛というのは自分よりも相手の求めることを優先してあげることだよ」と。
アナは自分を助けるために走ってくる氷屋よりも、
どこかの国の13男に殺されそうになっているエルサを助けることを選んだ。
その行為が真実の愛であり、アナを溶かしたのである。

ブックオフでノベライズを立ち読みして納得。
明確に「アナは凍りついた心臓を自分で溶かした」と書いてある。


そして ところでをもうひとつ
途中、エルサが熱唱するシーン。
一緒に歌って他の家族に「もううるさい!黙って!じっくり聞きたいのに」と言われるのが
下の姪か私の母、そして私(三人とも姉がいる妹=アナ)
まあ、母の姉は遠くに住んでいるのでその場にはいないが。
で「うるさい」と注意するのが上の姪と私の姉(長女=エルサ)


カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ