中国の印象「良くない」日本人93%…過去最多

中国の印象「良くない」日本人93%…過去最多
2014年09月09日 19時27分
日中両国民の相互意識を探る「第10回日中共同世論調査」
(実施=言論NPO、中国日報社)の結果が9日、発表された。
日本人の中国への印象で「良くない」
(「どちらかと言えば良くない」を含む)は
93%(昨年90・1%)に上り、
2005年の調査開始以来、最多となった。
中国側は86・8%(同92・8%)と6ポイント改善した。
良くない印象を持つ理由(複数回答可)で、
日本側は「国際的なルールと異なる行動をする」(55・1%)が
「尖閣諸島をめぐる対立」(50・4%)を上回り、最多となった。
日本の対中認識悪化は、東シナ海に加え、南シナ海など周辺地域における、
中国の力を背景とした行動への懸念が反映されたとみられる。
中国側は「日本が領土紛争を引き起こし強硬な態度をとっている」(64%)が最多だった。
2014年09月09日 19時27分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140909-OYT1T50172.html?from=ytop_main5
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ