記念撮影しようと天皇陛下の歌碑に上る

記念撮影しようと天皇陛下の歌碑に上る 
東京の小学生、教諭も注意せず 千葉・鴨川
2014.5.14 01:00 [教育]

「東京から一番近い棚田」として知られる大山千枚田(千葉県鴨川市)で
昨年12月、課外授業で訪れた東京都足立区の小学生らが天皇陛下の歌碑に上り、
男性教諭が記念撮影しようとしているのを
千枚田の保存活動に取り組んでいるNPO法人が見つけ、
区教委に抗議していたことが13日、関係者への取材で分かった。
区教委は事実を認め、同法人に謝罪している。
区教委などによると、昨年12月中旬、自然教室で訪れた
区立小学校の当時5年の児童らが大山千枚田を訪れ、
千枚田を一望できる展望スペースに設置された歌碑に上った。
付き添いの男性教諭は特に注意をすることなく、記念撮影をしようとしたという。
NPO法人「大山千枚田保存会」のメンバーが目撃し、
口頭で注意した後、区教委に抗議した。
記念碑は平成24年に建立された。天皇、皇后両陛下が22年9月に
棚田を訪問された際に陛下が詠まれた和歌が刻まれており、
そばには建立の経緯を記した説明板もある。
区教委は、政治的な意図は全くなかったとした上で、
「学校が石碑のことを十分に調べていなかった。
今後はきちんと指導していく」としている。
同会の石田三示理事長は「教諭ならばどういう場所を訪れようとしているのか
事前に調べ、守るべきルールを児童らに教えておくべきではないか」と話している。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140514/edc14051401000001-n1.htm
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ