中韓タッグで「安倍政権潰し」を画策情報 国内の“反日勢力”も呼応

【スクープ最前線】中韓タッグで「安倍政権潰し」を画策情報 国内の“反日勢力”も呼応
2013.05.09

中国と韓国が在米ロビイストなどを駆使して、
安倍晋三政権の転覆工作に着手したという衝撃情報が飛び込んできた。
歴史問題などを理由にしているが、実際は、アベノミクスで自国経済が打撃を受けて、
追い込まれたことが背景にあるようだ。
「日本たたき」「安倍政権潰し」の卑劣な動きに、
何と、日本国内の反日勢力も協力しているという。
日本が致命的に弱い情報戦と広報戦(=世論工作)。
ジャーナリストの加賀孝英氏が、知られざる実態に迫った。

「あの気難しいロシアのプーチン大統領に
『実は日本が大好きだ。日本に行きたい』といわせ、
トルコでは原発輸出を大きく前進させた。
外遊の狙いは『資源外交』と『対中包囲網の形成』だったが、大成功だ」
安倍首相のロシア・中東歴訪を受け、官邸関係者はこう語った。
GW明けから、永田町は参院選モードに突入した。景気指標や世論調査の好調を背景に、
政府与党の一部には「楽観ムード」も漂っているが、
実は今、米国内で大変なことが起こっている。
以下、米政府や韓国政府の関係者から、私(=加賀)が得た情報だ。

「訪米中の韓国の朴槿恵大統領と、オバマ米大統領は7日(日本時間8日未明)、
初めての首脳会談を行った。朝鮮半島危機を念頭に米韓協力体制の進展が話し合われたが、
韓国側が水面下で迫っているのは、従来の米韓日体制から、米中韓体制への見直し。
つまり、『中国重視』と『日本外し』だ」
「韓国系ロビイストを大量動員して米政府に工作している。
彼らは『日本は軍国主義に戻った』『安倍首相が元凶だ』と吹聴し、
安倍首相が4月27日のイベントで迷彩服で戦車に搭乗した写真や、
同28日の主権回復・国際社会復帰を記念する式典で
『天皇陛下、万歳』と声を上げている映像を見せている」
「こうした動きに、中国系ロビイストが連動している。
中韓両国とも『領土問題と歴史問題、アベノミクスによる自国経済打撃』で
安倍政権を敵視している。民主党政権とは違って恫喝にも屈しない安倍政権に業を煮やし、
『潰してしまえ』と悪魔の握手をしたとしか思えない」
中国と韓国のロビイストらが、歴史的正確性に疑問が多い
「南京事件」や「慰安婦問題」などを持ち出して、
日本弱体化を進めてきたことは知る人ぞ知る話だが、
ついに「安倍政権転覆工作」にまで着手したようだ。
さらに旧知の米国防総省関係者はこう語る。

「中国は最近、あらゆるチャンネルを通じて、
『一瞬でもいい。尖閣諸島に(中国人民解放軍を)上陸させてほしい。
どんな交換条件でものむ』と米政府に懇願してきている。
ケリー国務長官は親中派として有名だが、
他にも中国の提案に心を動かされる米政府関係者はいる」

何ということか。中国系ロビイストは、日本固有の領土である
沖縄県・尖閣諸島への侵攻に向けた地ならしまでしているとの証言だ。
これらを、日本の情報当局や外務省は把握しているのか。
実は、中韓両国による情報戦や広報戦に、日本国内の反日勢力も加担しているという。
日本の外事警察関係者が明かす。
「中韓両国の政府筋が、安倍首相の周辺情報に異常に詳しい。
野党を含む、国内の反安倍議員やメディア関係者などが情報をリークしている」
彼らが政権転覆を狙って他国に情報を漏洩しているとすれば、
国家的な裏切り者(=売国奴)とも言うべき存在だ。

小野寺五典防衛相は4月29日に訪米し、ヘーゲル国防長官と会談した。
この席で、小野寺、ヘーゲル両氏は「(尖閣問題に関しては)
現状変更を試みるいかなる力による一方的な行為にも反対する」との認識で一致した。
 中国を牽制する言質を勝ち取った-と受け止められているが、
現実はそれほど単純ではない。
前述したように、日本は情報戦や広報戦で、中韓両国に突き放されている。
これが嘘偽らざる現状なのだ。

 ■加賀孝英(かが・こうえい)ジャーナリスト。1957年生まれ。
週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。
週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍。一昨年11月、
月刊「文藝春秋」で「尾崎豊の遺書・全文公開」を発表し、大きな話題となった。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130509/plt1305090708001-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130509/plt1305090708001-n2.htm
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ