日記(3/11)

震災から5年。
今年は同じ金曜日。
今日の帰り道、小雪がちらついていて、さらにあの日を思い出させた。
あの日は、地震のすぐ後に雪が降った。
今くらいの時間はもう雪は止んでいて、満天の星空だった。
実家と電話が繋がったのも夜になってから。
私は、通りがかりに聞いたラジオで向こうは震度7ということを知って心配が募り、
向こうは向こうで、若林区で水死体200~300というニュースを聞いて
(私は当時、若林区だったがかなり内陸、しかも職場は市内中心部)
私を心配していた。
電話が繋がり、互いに無事だと知って、安堵し合った。



ところで、この前職場で避難訓練があった。
近くの指定避難所まで、職場の人たちが皆で並んで
「しゃべらず、押さず、走らず」に神妙に素早く移動するのだが
市内中心部なので、人混みの中を並んで歩くのはちょっと恥ずかしい。
そして、うっかり行列にまじってしまったオバチャンがいたりして
指定避難所に到着して、人数を数えると、なんか多い。
「あら~何の行列か知らないけど並んでしまったわ~やーね!」だって…
訓練中のプラカードでも先頭か最後尾の人(どちらも職場の上長)が持っていれば良かったのだろうか。
訓練時に不謹慎だが、笑ってしまった。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ