紀元節

紀元節。
皇紀2676年。
第50回建国記念の日を祝う宮城県大会に行って来た。
今年は「建国記念の日」が施行されて50年の節目の年。
記念講演は金美齢さんで演題は「美しい国への道程」
1000席ほどの会場だったが、席は埋まり、後ろの方には立っている人もいた。
金美齢さんは御年82歳、ということだったが
力強く、熱く、面白く、一時間の講演があっという間だった。
日本の誕生日だというのに祝わない、そんなのは愚か者だと言っていた。
金美齢さんは台湾出身だが、現在は帰化している。


日本を大切に思う、建国を祝う、そんな同じ思いの人々が同じ場に集うという一体感が心地よかった。
マスコミだと、必ずといっていいほど「反日観」が底辺にあり、それにすっかり洗脳されて
日本が良い国という当たり前のことを言うだけで、
右翼扱いするという短絡的決めつけをする人が結構いる。
「愛国心」や「日の丸」と言う言葉に、すぐに戦争の罪を持ち出してくる人もいる。
もっと普通に自分の国の建国の日をお祝いできればいいのに。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ