日記(12/5)

今年は実家の柿が大豊作だったそうで
1本の柿の木に1000個位(母によると)なったらしい。
近所の人にもどっさり配り、親戚にも送り
私も30個ほどもらった。
甘柿なのに干し柿にもしたし、まだ木にも残っているし
野菜倉庫の床にもまだまだ転がっていると言っていた。
カラスは柔らかくなるまでは手?をつけないので、木の柿もそのまま残っているらしい。

私は硬い柿が、どちらかと言えば好きなのだが
収穫した柿はちょっと油断するとすぐに柔らかくなってしまう。
いくつかはべろんべろんになってしまった。
調べてみたら柔らかくなった柿は凍らせて食べるとおいしいらしい。
私は柔らかくなったものは、皮を剥かずに半分に切って、スプーンですくって食べた。
毎日せっせと食べ、ようやく今日食べ終わった。
重ねずに、ビニール袋に入れて冷蔵庫にいれておいた分は
比較的硬いまま、食べることができた。
柿との追いかけっこも終わった。
ありがたく柿を堪能した。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ