息子2人戦死、面目保てた…乃木大将の手紙発見

息子2人戦死、面目保てた…乃木大将の手紙発見

日露戦争(1904~05)で中国・旅順を攻略した陸軍大将、
乃木希典まれすけ(1849~1912)の手紙が見つかり、
入手した広島市の学校法人修道学園が8日発表した。
自刃する2年前、かつての部下に宛て、
日露戦争で約6万人の死傷者を出すなど多大な犠牲を強いた責任を感じ、
「弊家へいけハ小生共しょうせいとも一代いちだい」と
乃木家を断絶させる決意をつづっている。
手紙は1910年7月6日の消印。陸軍時代の部下で、
同学園の前身の修道中学校総理(理事長)だった佐藤正に宛てた。
乃木も後に学習院院長となり、同じ教育者として交流を深めたという。
手紙では、広島の特産品をもらった礼をつづった後、
戦争で跡継ぎの2人の息子を亡くした乃木に養子縁組を勧める佐藤に対し、
「小生共一代」と跡継ぎのための養子は考えていないと記した。
また、天皇陛下や戦死した将兵の遺族に対し「申譯もうしわけナク」と謝罪し、
息子2人の戦死は「愚父ノ面目ヲ添ヘタル」と、かえって面目を保てたとしている。

(2012年2月8日15時31分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120208-OYT1T00678.htm?from=navlp
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ