夢2015年7月~8月

同僚
4人で向かい合わせの席
向いSさん、斜め向かいTさん、隣りOさん
お昼、好きなものを選んで食べる形式(だが決まっている、既に配られている)
ソースがスープのようなオムライス、味噌汁、焼きそば、和惣菜など
おいしい
カプセルの薬やガム?も込み
Tさんは自分で追加の分も取りに行き、たくさん食べている。
Sさん(現実界では嫌いだが)と親しく話す

-------------------------------
両親、姉、私
バスに乗り間違える
すぐに降りる
姉の態度にものすごくむかつき、首を絞めたくなる

-------------------------------
二層式洗濯機
見知らぬ風呂場

-------------------------------
仕事?
同僚
畑の中を歩いて、どこかの建物の入り口へと向かう
ねぎが植えてある畑
途中で棘に服がひっかかる
(ねぎになぜ棘があるのか?)


-------------------------------
財布を買おうといくつかの店をみる
なかなか良い物がない
ある店
一階には良い物がなく、二階にも売り場があるので
そこにあったはしご?で登ろうとしたら
ディスプレイ用らしくて、はしごに飾っていたいくつかの売り物が落ちた
横をみると箱段のような階段もあり、そっちから登るべきだった
女性の店員2~3人が来て、片付け。
8000円で落ちた物を買い取ってくださいという話になり、躊躇すると
じゃあ2000円でいいからという。
なんだかむかついてきて
壊れてもいないのに1円たりとも払う気はないというと
なにやらブツブツ言っているがうやむやになり
結局払わずに店をでる。
あの店には当分行かないことにしようと思う。

-------------------------------
実家
父、母、姉
早朝4時台
みんな起きている
父が、チラシか何かを見て、夕食用に高級な肉(特別注文のもので名前が英数字の品種?)を
電話で注文している
姉は別にいらないのに(高いのにと)言っている
(私は父がいることがとてもうれしくて、夢か現実かわからなくなる)
感触を確かめようと額で父の方をコンコンと押してみる。子供の頃のように甘えてみる。
(感触は少し若い頃の父そのもの)
両親が若く、私や姉も20代くらい?
部屋の片づけ、雑誌など
甥や姪の雑誌、昭和を振り返るような、父の雑誌など
母と片づける
(この辺で「今」の時間と感覚とに戻りつつあり、やはり夢かと気持ちがしぼむ)
~~~

ある食べ物(何かは忘れた)は嫌いだと言っている

-------------------------------
中学校の建物?
スケート場?
アルバイトの面接→合格
ショーのチケットをもらえる
校舎から校庭はものすごく高低差がある
勢いよく走って、ストンと校庭側に着地する
なんともない
~~~
どこかの店、入ったのとは別の出口からででしまい
遠回りになって面倒

-------------------------------
旅行 西日本?
電車
元同僚と、出向先のSさんもいる
うっかりSさんのひざに座ってしまう

-------------------------------

友だちと電車ででかける
山形?福島?
ボックス席で、もう人が埋まっていてバスのような補助席をだして座る
でも座れて良かったと思う
~~~
実家

実際の山とは形が違い、三角錐型
そこから真っ直ぐ降りたところに風穴があり、うちがある
(このシチュエーションは度々夢に出てくる)

-------------------------------
実家
母、姉
胡麻和え?か何かささいなことで、姉と私が口論になる
私は気分転換にアイロンかけでもしようと
アイロンをかけるべき服をいろいろ集めて座敷の真中の部屋へ
お盆?お祭り?の準備もある
姉がファンヒーターを点けにくる(お盆だとすると季節が合わないが)
玄関からどこかの子供が二人くらい入ってきて
勝手に座敷の一番奥の部屋に入る
その親(親戚?)も後でくる
私は甥や姪と
盆棚?の準備
なぜか菱餅(雛祭り?)
なぜか肉巻きごはんもあとで供える?らしい

-------------------------------
和歌山?方面へ旅行に行く
(日本列島の形を宙に描いて、今居るのってこの辺だよね~と和歌山の辺り、紀伊半島の先っぽの方)
高校時代の友人Yさんと?
部屋の中は置物や小物が沢山、コレクションのように並んでいる
廊下に面した窓からは階段が見え
外に面した窓を開けると雪が積もっていて、「和歌山なのに~」とびっくり
(以前、九州に行った時に、こっちは晴れていたのに向こうは雪でびっくりした記憶がまじっているかも)
さらに置物だらけの部屋で
もしかしたら、この部屋は物置なのかもしれないと思い始める。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ