NHK時代劇なんだりかんだり


かぶき者慶次
ちゃんと熱心に観ていたわけではないけど
わりと面白かった。
少なくとも、その時間にテレビをつけておこうという気にはさせた。
最終回だけはちゃんと観たが
原案:火坂雅志 作:小松江里子 と知ってびっくり。
とんでもなくつまらなかった大河、「天地人」と同じ組み合わせだ。
木曜時代劇という枠で、短期間ならばこの組み合わせでも視聴に堪えるということか。

木曜時代劇はほとんど観ないのだが、
去年の同時期にやっていた銀二貫もまあまあ面白かったと思う。
その間の1年間は全く観ていない、興味もわかなくてその時間にテレビもつけていなかったので
面白いものがあったかどうかもわからない。


それより
花燃ゆはいよいよだめだ。
久坂役の人が、どうしても受け付けない。
主役の文の存在意義もわからない。
もともと、長州は好きではないが
早く死んでほしいと思ってしまう久坂は初めて。

久坂は大抵の場合、暑苦しくて鬱陶しい人物に描かれることが多いが
今回はそういう段階でもない。
とにかく、セリフをしゃべるな!とどつきたくなる。

新選組!の久坂も鬱陶しいと思ったが
死ぬ場面は良いセリフだった。
(といいつつうろ覚えだか)
「何のために生まれてきたのか」
「戦ってきたことに意味はあったのか」的な。
龍馬伝の久坂の印象は薄いが悪くはなかった…と思う。
八重の桜の久坂は鬱陶しくなかった。
逆にあれは久坂じゃない、とも思う。
八重の桜の久坂役の人は、その前にカーネーションでたいぞう兄ちゃん役だった。
八重の桜の翌年は本能寺の変を伝える伝令係として一回だけ役名なしで出ていた。
だんだん役が小さくなっているのだが大丈夫だろうか。
あの人は、NHKのバスの旅番組で地元(実家方面)に来たのだが
実際に会った人の印象では、カメラがまわっていなくてもとても感じのいい、好青年らしい。

とりとめもない別の話だが、
実家の方(そんなに近くもないが)に
「 か さ く 」という看板のうなぎ屋さん(和食屋さん?…)がある。(あった?)
右から「くさか」と読むのが正しい店名なのだが
私は長い間、父に「かさく」と騙されていた。
「かさくにうなぎ食べにいぐが?」と。
で、私も「やったー かさく かさく♪」と喜んでいた。
高校生くらいになった時にようやく
「あれはくさかだよ。まだ本気にしてたのか。」と言われ唖然。
でも、なぜか学校でも他の人が「かさく」と言っていたし、普通に笑われることなく通用していた。


カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ