両陛下パラオご訪問

宮内庁HPより

平成27年4月8日(水)
パラオご訪問ご出発に当たっての天皇陛下のおことば(東京国際空港)
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/speech/speech-h27e-palau.html#AIRPORT

本年は戦後70年に当たります。先の戦争では,太平洋の各地においても激しい戦闘が行われ,
数知れぬ人命が失われました。祖国を守るべく戦地に赴き,帰らぬ身となった人々のことが深く偲(しの)ばれます。
私どもはこの節目の年に当たり,戦陣に倒れた幾多の人々の上を思いつつ,パラオ共和国を訪問いたします。
パラオ共和国は,ミクロネシア連邦,マーシャル諸島共和国と共に,第一次世界大戦まではドイツの植民地でしたが,
戦後,ヴェルサイユ条約及び国際連盟の決定により,我が国の委任統治の下に置かれました。
そしてパラオには南洋庁が置かれ,我が国から多くの人々が移住し,
昭和10年頃には,島民の数より多い5万人を超える人々が,これらの島々に住むようになりました。
終戦の前年には,これらの地域で激しい戦闘が行われ,幾つもの島で日本軍が玉砕しました。
この度訪れるペリリュー島もその一つで,この戦いにおいて日本軍は約1万人,
米軍は約1,700人の戦死者を出しています。
太平洋に浮かぶ美しい島々で,このような悲しい歴史があったことを,私どもは決して忘れてはならないと思います。
この度のパラオ共和国訪問が,両国間にこれまで築かれてきた友好協力関係の,
更なる発展に寄与することを念願しています。私どもは,この機会に,
この地域で亡くなった日米の死者を追悼するとともに,パラオ国の人々が,厳しい戦禍を体験したにもかかわらず,
戦後に,慰霊碑や墓地の清掃,遺骨の収集などに尽力されてきたことに対し,
大統領閣下始めパラオ国民に,心から謝意を表したいと思っております。
この訪問に際し,ミクロネシア連邦及びマーシャル諸島共和国の大統領御夫妻が
私どものパラオ国訪問に合わせて御来島になり,パラオ国大統領御夫妻と共に,
ペリリュー島にも同行してくださることを深く感謝しております。
終わりに,この訪問の実現に向け,関係者の尽力を得たことに対し,深く感謝の意を表します。



2015.4.8 19:06更新
【陛下パラオご訪問】
「訪問実現に感謝」十年来の宿願かなえられるご覚悟
http://www.sankei.com/life/news/150408/lif1504080032-n1.html

戦後70年での戦没者慰霊のため、パラオ共和国を8日に訪問された天皇、皇后両陛下。
天皇陛下は出発前、「この訪問の実現に向け、関係者の尽力を得たことに対し、
深く感謝の意を表します」と述べられた。
このお言葉には、厳しい条件を受け入れつつ十年来の宿願をかなえられることへの覚悟が込められている。
戦後50年の平成7年に長崎、広島、沖縄、東京・下町をめぐる「慰霊の旅」を果たした後、
陛下は側近に「今度は南洋に慰霊に行きたい」と相談された。
慰霊の旅を終えた感想の中でも「遠い異郷」との言葉で、海外での戦没者や遺族への強い思いを示された。
南洋の地として、日本の委任統治領だったパラオ、ミクロネシア連邦、
マーシャル諸島共和国の3カ国が検討されたが、移動手段の問題などで断念。
両陛下は平成17年6月、米自治領サイパン島で初めて海外での慰霊を果たされた。
ただ、宮内庁幹部は「サイパンで海外での慰霊を済まされたということはない。
両陛下のお気持ちに終点はない」という。別の側近も「パラオを含む南洋への慰霊のお気持ちは
この10年の間、弱まることがなかった」と打ち明ける。
1月にパラオご訪問が正式決定すると、防衛省や厚生労働省の担当者から
戦禍や遺骨収集の現状について改めて説明を受けられた。
出発前のお言葉では「美しい島々」と「悲しい歴史」を対比、戦争の悲惨さを忘れないよう訴えられた。
さらに、米国側の戦没者にも思いを寄せるとともに、パラオの人々が日本の遺族に代わり、
慰霊碑の清掃や遺骨収集に尽力してくれたことにも謝意を伝えられた。
移動の問題をクリアするため、異例の宿泊先として海上保安庁の巡視船を活用することも
「関係者の尽力」に含まれるだろう。
「一度口にされたことは、必ず実行される。パラオご訪問は、両陛下のお姿そのものだ」。側近の一人はこう強調した。


カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ