高村氏、後藤さんは「蛮勇」 渡航自粛すべきだった

2015.2.4 11:31更新
【イスラム国事件】
高村氏、後藤さんは「蛮勇」 渡航自粛すべきだった
http://www.sankei.com/politics/news/150204/plt1502040012-n1.html

 自民党の高村正彦副総裁は4日午前、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に
殺害されたとみられるジャーナリストの後藤健二さんについて
「日本政府の3度の警告にも関わらず支配地域に入った。
どんなに優しくて使命感が高かったとしても、
真の勇気でなく『蛮勇』というべきものだった」と述べた。党本部で記者団に語った。
 高村氏は、後藤さんがシリア入国前に「自己責任」などと語っていたことに関し
「個人で責任を取りえないようなことにもなる」と指摘。
政府が退避勧告などを出している地域に取材目的でも入らないよう改めて求めた。
同時に「後藤さんの後に続く優しく使命感が高く、勇気のある人たちに対するお願いだ」とも述べた。



同感。
後藤さんは立派な志を持っていたし、志だけでなく
実際に行動で示した勇気ある人だと思う。
でも、家族だけでなく、多くの人に心配をかけ、迷惑をかけ
自己責任を超えて国を巻き込んでしまった。
やはり渡航を自粛しろといわれたのならば、従うべきだろう。

憎むべきは殺害した組織。
それなのにここぞとばかりに方向違いの批判をしている人たちが不気味。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ