日記(12/15)

今日はとても寒かった。

昨日は選挙だった。
引越をして選挙区が変わってから初めての選挙。
自民・民主・共産の三名の候補者なので何も迷うことはなし。
前の選挙区の自民党議員は人柄も含めてかなり支持していた。
現在の選挙区の自民党議員はそれほどでもないが
かといって民主党のKさんは、人も含めて受け付けないし、やはり選択肢はひとつしかない。


Kさんは今回の選挙期間中、二度ほど道端で見かけたが
横断歩道で渡ってきた人を待ちかまえて、握手しようとしていた。
私の方にも向かってきたが、「こっちに来るな」ビームを強力に発したら
途中まで駆け寄ってきていたのに、避けてくれた。
他にも握手拒否した人が何人かいた。
選挙カーの「こ●り こ●り」名前連呼の節(それ用に一時的に雇った人の声だと思う)が、
以前に書いたことのある原発反対デモの(なかの一部の人の)気持ちの悪い節と声にそっくりで、それも悪印象。
とにかく、当選しなくてよかった。

ところで下記のような分析をしている記事を読んだが、なるほどと思う部分もあるものの
的外れだなと思う部分もある。

総選挙「唯一の敗者」とは?「次世代の党」壊滅の意味とその分析
古谷経衡
2014年12月15日 7時45分
http://bylines.news.yahoo.co.jp/furuyatsunehira/20141215-00041509/

私はⅡ型に属するけど、選挙区に次世代の党がいないんだからしょうがない。
そもそも、自民党も次世代も一部の人を支持しているだけ。
どの党を支持するかと問われれば保守色の強いこの二党を挙げるけど
どちらにしても全支持ではない。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ