銀の英選手「円谷と話したかった」 東京五輪50年

銀の英選手「円谷と話したかった」 東京五輪50年
山本奈朱香、編集委員・稲垣康介
2014年10月10日12時51分

1964年の東京五輪開会式から10日で半世紀が過ぎた。
マラソンの円谷(つぶらや)幸吉さんは日本の期待を一身に背負って走り、その3年3カ月後に自ら命を絶った。
円谷さんをゴール直前で抜いて銀メダルを取った英国人選手が9日、円谷さんの故郷を初めて訪れた。
薄暗い照明の中、バジル・ヒートリーさん(80)が建物の中に入る。
円谷さんの大きな写真パネルの前で、兄の喜久造さん(82)が出迎えた。
ヒートリーさんから慈しむように抱きしめられた喜久造さんは、「今日は私の宝物になります」と涙をぬぐった。
福島県須賀川市の「円谷幸吉メモリアルホール」。
18日の再オープンに向けて改修中の館内には、円谷さんが東京五輪で使用したシューズやユニホーム、銅メダルが並ぶ。
「ずっと会いたかった」というヒートリーさんと喜久造さんは、ここで初対面を果たした。
パネルの前には、マラソンのゴールだった国立競技場から購入したベンチが置いてある。
2人並んで座ると、喜久造さんが言った。
「私は高校3年から走り始めたんです。幸吉も楽しく走っていました」
7人きょうだいの末っ子だった円谷さんは、8歳年上の喜久造さんの後を追うように長距離の世界に飛び込んだ。
あの日、喜久造さんは国立競技場で応援。
疲れ切った表情で競技場に入ってきた弟が、ゴール直前でヒートリーさんに追い抜かれるのを目の当たりにした。
円谷さんは東京五輪の直後、「68年のメキシコ五輪を目指す」と宣言したが、
68年1月、「幸吉は、もうすっかり疲れ切ってしまって走れません」という遺書をのこし、27歳で自ら命を絶った。
「私も妹を若くして亡くしている。だから、お気持ちはよく分かります」。
ヒートリーさんは涙を目に浮かべた。彼女は25歳で自死したという。
円谷さんは今も故郷の英雄だ。「第2の円谷幸吉の育成を」と始まった「円谷幸吉メモリアルマラソン」は今年で32回目。
この日の対面には円谷さんの友人らも訪れ、涙を浮かべて見守った。
円谷さんのシューズを手に取り、遺書の複製に見入ったヒートリーさんは、
「競り合った2人のランナーとしていろいろ話してみたかった」。
そして、「まだ若かった円谷はもっと強くなる時間はいくらでもあった」と惜しんだ。
子どもたちへのメッセージを、と手渡された色紙には、大切にしている言葉を書き入れた。
「勝利はすばらしい。友情は、さらに特別なものだ」
ヒートリーさんはこの日、円谷さんの墓も訪れ、線香と用意した花を手向けた。
喜久造さんは、弟が大好きだったというまんじゅうを供え、ヒートリー夫妻にも土産として手渡した。
夫に付き添って初来日した妻ジルさん(74)は、「喜びと寂しさが入り交じった気持ち。本来ならお墓参りではなく、
バジルと幸吉が昔話で盛り上がれたはずなのに」と静かに言った。

■「6年後、新しいドラマが再び生まれる」
今回の来日は、日本オリンピック委員会(JOC)が主催する
東京五輪・パラリンピック50周年を記念する祝賀会に出るのが目的だ。
体操の女子個人総合で金メダルを手にし、
「大会の華」と呼ばれたベラ・チャスラフスカさん(チェコ)らと10日夜の式典で会うのを楽しみにしている。
福島から東京に戻った9日午後、ヒートリーさんは国立競技場に足を向け、
円谷さんの背中を追いかけ、3位でくぐったマラソン門の近くに立った。
解体工事の準備が進むスタジアムを見上げ、「ここも生まれ変わり、歴史になるんだね」。
寂しげな表情を浮かべた後、言葉をつないだ。
「6年後、新しい若者たちのドラマが再び東京で生まれる。
素晴らしいことだ。そして、円谷の記憶は永遠に残る。
今回故郷を訪ねたことで、私には一層特別な思い出になった」
86歳で迎える6年後の夏が生きる活力になる。
「神様が私に余生をどれくらい残してくれているのかわからないけれど、
20年五輪開会式の座席を予約してもらおうかな」とほほ笑んだ。
(山本奈朱香、編集委員・稲垣康介)

     ◇
〈1964年東京五輪と円谷幸吉〉 
1964年10月21日にあったマラソンは、4年前のローマ五輪で優勝し、「裸足のアベベ」として有名になった
エチオピアのアベベ・ビキラ選手が独走し金メダル。
7万人が詰めかけた国立競技場に2位で入ってきた円谷さんは、ゴール直前に抜かれて3位だった。
円谷さんは68年1月、正月休暇明けに自死。
家族にあてた遺書は「父上様母上様 三日とろゝ美味しうございました」と始まり、
「気が休まる事なく御苦労、御心配をお掛け致し申し訳ありません。
幸吉は父母上様の側で暮しとうございました」と締められていた。
喜久造さんには「喜久造兄姉上様 ブドウ液 養命酒美味しうございました。
又いつも洗濯ありがとうございました」とあった。

http://www.asahi.com/articles/ASGB96JRJGB9OIPE02D.html?iref=comtop_pickup_02

------------------------



東京オリンピックは私が生まれる前なので
リアルタイムでは見ていない。
でも、円谷選手の話はテレビで何度か観たことがあるし
(「知っているつもり」等で遺書全文が紹介されていた)
学校の先生にも両親からも聞いたことがある。
追い抜かれるシーンも何度も映像で見た。
この時金メダルだったアベベの話は小学生の頃の夏休み用の副読本で読んだことがある。
金のアベベと銅の円谷はその後の衝撃的な最期(アベベは事故死)とともに名前を記憶していたが
円谷をゴール直前で追い抜いた銀の選手の名は何度聞いてもなかなか覚えられなかった。
ヒートリー 今度こそ覚えた。
(ひとり生きのこったヒートリー ←不謹慎な記憶の仕方だが)
ご健在でうれしい。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ