両陛下ご来県

NHK
東北 NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20140722/3041531.html

両陛下がハンセン病施設訪問
07月22日 18時29分
天皇皇后両陛下は、東日本大震災の復興状況などを視察するため、22日から3日間の予定で宮城県を訪問され、
初日の22日は、登米市にあるハンセン病の元患者の療養所を訪れ、入所者と懇談されました。
宮城県を2年ぶりに訪れた天皇皇后両陛下は、22日、登米市にあるハンセン病の元患者の療養所、
「東北新生園」を訪問されました。
両陛下はまず、療養所で亡くなった430人余りの遺骨が納めてある霊安堂で、
献花台に花を手向け、亡くなった人たちの霊を慰められました。
続いて、園内にある集会室で入居者と懇談され、「大変でしたね」とか「どうぞお元気でね」と一人ひとりに、
いたわりの言葉をかけられていました。
両陛下は、昭和43年以降、半世紀近くにわたり、全国各地の療養所に足を運んで入所者を励ましてきましたが、
今回の訪問で、全国に14あるすべての療養所の入所者との懇談を果たされました。
入所者の自治会の久保瑛二会長
(81歳)は「お参りしていただく姿を後ろから見ていて、ありがたく思いました。
霊が慰められたと感じます」と話していました。
両陛下は、このあと、震災後まもなく被災者を見舞った南三陸町を再び訪れ、
町の職員など43人が犠牲になったとされる防災対策庁舎を車の中から窓を開けてご覧になりました。
両陛下は、東日本大震災の復興状況などを視察するため、22日から3日間の予定で県内に滞在する予定で、2
3日は、南三陸町で、津波で被災した飲食店などの仮設店舗が集まる商店街を視察される予定です。



くりこま高原駅13:01の新幹線だということは聞いていた。
でも平日だし、来月帰省するから今帰るのもなんだし、行くことはできなかった。
地元の友人は行ったそうだ。300人くらいはお迎えのために駅に集まったらしい。
あんな田舎の駅にこれだけ集まったのだからすごい。
(私も行きたかった)

今日は登米、志津川(南三陸町)、明日は南三陸町と気仙沼
明後日岩手県の一ノ関駅からお帰りになる(那須へ向かう)そうだ。

くりこま高原駅に降り立った皇族は
2008年7月の秋篠宮両殿下(6月の内陸地震のお見舞い)
2001年に紀宮様(国体・その前か後か忘れたけどお忍びで伊豆沼に来たこともある。)
浩宮も独身の頃、細倉鉱山に来たことがあるはずだけど1992年?(平成4年?)
 ↑年は定かではないけど来たのは確か。沿道住民であるわが家も事前に旗を配られた。
 父は浩宮の姿勢が良いことを誉めていた。
 後年、「昔はご立派だったのになー」とも言っていた。
くりこま高原駅は平成2年にできたので、おそらく浩宮もこの駅を使ったかも。
故寛仁親王殿下は登米の東北新生園にはよくいらっしゃっていたようだ。
かなり以前は信子妃殿下も。2011年には瑶子女王殿下も。
浩宮の妻は来る機会がない。来なくていい。来るな。


両陛下はついこの前は沖縄を訪問していた。
ハードスケジュールすぎると思う。
どうか御体を大切にして長生きしていただきい。
浩宮よりも後まで生きていてほしい。

平成26年9月 追記
みやぎ県政だより平成26年9月10月号より
両陛下ご来県26年7月
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ