夢2014年7月

実家の近所
区画整理されている
うちのすぐそばに和菓子屋さんができている
通りの一本向こう側に父方の実家
田んぼの向こう側の家のおじいさん(おそらく現実では故人)が
移転したくないと粘り、孫と子牛だけ残った(残した?)とかいう話をしている
がらんとした牛小屋に子牛
田んぼもずいぶん手放したらしい
近所の人、親戚等

---------------------------
母と姉とでかける
病院?誰かのお見舞い?
その同じ建物から泳ぎにいけるらしい
母も姉も何度もそこで泳いだことがあるらしい
で、いくことにする。母はスリッパをその辺に置く
着替えとか持ってきてないけどどうするのか姉に聞くと
姉も今更気が付いたように、そういえば持っていないなどど言っている。
階段を降りると川がある
1キロくらい泳ぐと海だが砂浜だかに出るらしい。
川幅は狭いが、緑色の深い流れ
母と姉はさっさと飛び込んで進んで行くが私は怖くてなかなか飛び込めない
深さが分からず、お風呂に入るように端に手をかけておそるおそる入る
もぐって進んでみる
川沿いにお店があり、誰かの声がきこえる
あっという間に到着
到着した場所は室内。
沢山の人が到着して並んでいる。
毎週のように泳ぎに来ている人もいるらしい。
姉と母を探す
~~~
母が遊びにくる
掃除が行き届いていなくて部屋の隅に埃がある。
しっかりそうじしておけばよかったなあと思う。
私の部屋のはずだったのに、いつのまにか職場の寮?(実際にはないが)
周囲の人たちとも楽しくおしゃべりしながら泊まっていく
~~~
砂利道
歩きにくい
信号が赤に変わる
渡らず止まる

---------------------------
実家
外で猫の鳴き声がする
窓をあけてみるとみたこともないような模様の猫
白地にグレーの水玉模様、毛が長い
普通のねこもいる
夕方来客
大勢の客が来るらしい
布団を運び入れている
一升瓶を客がたくさん持ってきているとかいう声がきこえる
やだなあと思う
こんな時に帰ってこなければよかったと不満でいっぱい
荷物をまとめてこっちに帰ろうかとも思う

---------------------------
財布を探す 
みつかる
傘を探す
何人かの協力があってみつかる

---------------------------
実家
カップラーメンを食べている
コーンがたくさん
ゴミだしの時間に間に合うよう、急いで食べる

---------------------------
道を歩く
到着地点までに難関が二カ所?ある
誰かの助けを経て、無事到着
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ