引越 その12

前不動産会社から敷金精算書がようやく送られてきた。
敷金は二か月分だった。
戻りはなし。
追加もなし。

内訳にクロス貼り替えという項目があったけど
地震で亀裂が入ったときに、「貸主負担」で退去時に貼りかえるって言ってたのに。
だからその後、画鋲もガンガン使っていた。
10年住んだから、地震が来なくても貼り替えだったと思うけど、借主負担というのは納得できない。
ルームクリーニングは入居時にも払った。
次に誰かが入居するときにその人からも取るんだろうね。


超過分も発生したみたいだが、それはオーナー負担と書いてあった。
流し下の戸棚は床板が壊れ、直して(100均のベニヤ板を張って100均のペンキで同じ色にした)。
それには言及していなかった。
実はそれが一番心配だった。
契約書に書いてあるところの『大がかりな造作』にあたるのではないかと。
それでも壊れたままにしていたら自作修理代210円(当時)では済まないのは確実。
問題なかったようで、良かった。(気が付いていないのかもしれない)
襖は全くきれいなのに(外して押入れの一番奥に入れていたので経年劣化もしていない)貼り替え代発生。


前の前のところを引越した時の明細は
畳替え〇〇〇〇円×8畳って書いてあったが
大家さんは精算後の雑談でうっかりと、「この部屋、フローリングにするの」と口を滑らせていた。
(それでもこの時は少し戻ってきた)

こういうのは戻らないものと最初から思っているので
今回のは納得はしていないが、文句を言うつもりもない。

今度引っ越したところは敷金が家賃の1か月分で
退去時にルームクリーニングとエアコン清掃にあてると契約書に書いてあるので
間違いなく、戻ってこないだろう。
でも、フローリングの張り替え負担は無しということだった。
フローリングに最初から傷があるので、余計な気を遣うこともなく
乱暴にならない程度の普通の扱い方でいいのは気が楽。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ