日記(4/29)

昭和の日。

近所を少し散策。
スーパーやコンビニ、クリーニング店、郵便局、銀行などはわりとすぐ近くに揃っている。
おにぎりやさんや肉屋さんもあった。
元はもっと店の数の多い商店街だったんだろうけど
やめてしまったらしき店も多数。

あんまり気にしていなかったけど
うちは坂の登り口の下で、降りてくる道からわりとよく見える。
サッシも外から中が見えないタイプのものだし
昼用カーテンもつけているので部屋の中までは見えない。
でも、ベランダでぼんやり外を見ているときに、
向こう側の道から降りてくる人がいれば、はっきり顔もわかるような感じ。


他に
物干しざおの位置が高すぎて、背伸びしないと届かない!
高さも変えられない。
下見のときにはそこまで気が付かなかった。


さっそく朝日新聞が来た。
インターホン越しにどちらさまですか?と聞くと「電力会社」だと言う。
(今日じゃないけど)アンペア変更の申し込みをしていたのでその件かと思ってドアを開けたら
最も嫌いな朝日新聞だという。
朝日新聞と聞いて、あからさまに顔を変えてやった。
声もよそいき客対応用から、ちょっとドスの聞いた声に変えた。
多少ねばっていたが、取りつく島もなくあしらった。
嘘を言ってドアを開けさせる手口は許せない。
やはり朝日新聞だ。

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ