日本列島、東京ドーム20個分拡大か 震災の地殻変動で

日本列島、東京ドーム20個分拡大か 震災の地殻変動で

東日本大震災による地殻変動で、東北や関東地方が地盤沈下しながら東に動いたため、
陸地が引き延ばされた形になり、日本列島の面積は東京ドーム20個分にあたる約1平方キロ増えたことがわかった。
国土地理院が、測量の基準となる三角点や水準点、約4万5千点の位置や高さを改定し、面積の概算値を計算した。
緯度と経度を示す三角点は、20都県で東への移動が確認され、
最大で宮城県女川町が前回調査の1997年より5.85メートル東南東に動いた。
標高の基準となる水準点は、宮城県の牡鹿半島が95年時点の調査に比べて114センチ低くなった。
変動の大きかった宮城県石巻市は0.02平方キロ、女川町は0.01平方キロほど広くなった計算になる。
面積の計算は概算値で、同院が毎年公表する自治体の面積調査には反映しないという。

http://www.asahi.com/national/update/1104/TKY201111040086.html
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ