紅白

昨日、今更だが、録画していた紅白を観た。
31日に家でも観たけど、途中でお風呂に入ったり、他のことをしたりで
そんなにちゃんと観ていなかった。
いつもは紅白を録画したりしないのだけど、あまちゃん保存用に、一応録画していた。
年明けに職場で、司会の綾瀬さんのグダグダぶり(でも好感の意見が多かった)が話題になったりして
それならばと酒のつまみにじっくり観てみようと、鑑賞。

確かにすごかった。
噛むのはもちろん、コメントをぶった切ったり、曲紹介を忘れたり…
でも、やはり大方の感想の通り、腹は立たず、ただ面白い。
出ている歌手にはほとんど興味がなくて早回し
そして司会の部分をじっくりと観るという…
歌番組というよりバラエティだった。

以前、和泉元彌が司会をしたときも
不慣れでぐだぐだだった。綾瀬さんほどではないが、
他人のコメントを遮ったりして、進行に頭がいっぱいといった感じだった。
それでも妙に落ち着いたように見えるというか、不敵で傲慢に見え、
彼の時はひたすら不快で、翌年の元彌主演の大河は見ないぞと、この時決意した。
同じような失敗でも綾瀬さんならば、はらはらするけど面白いと感じるのはどうしてなんだろう。
本人の醸し出す何か、なのだろうか。


そしてあらためて観ても、紅白でのあまちゃん第157話、良かった。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ