八重の桜

八重の桜、昨日で終了。
なんとか完走できたが、後半はつまらなかった。
でもジョーのせいではない。ジョーは良かった。

話としては、会津戦争の頃が一番面白かった。
やはり危惧していた通り、八重に反戦セリフを言わせたNHK。
どうしてもそう言わなければならない(暗黙の)決まりでもあるんだろうね。
思想の匂いがする残念な最終回だった。
新島八重という史実の人物が当時反戦思想を持っていたのかどうか。
勝手に語らせることに違和感がある。

でも、『会津は逆賊ではない』という、この作品が言いたかったであろうことは十分伝わった。
名誉回復には随分と長い時間がかかったことも、仕方がなかったのだろう。
会津視点での幕末をみることができたことは良かった。
逆賊と言われた会津だが、
会津戦争の折、べろくんだし(凧)を上げていた少年たち、
その中のひとり池上四郎氏の玄孫がいずれ帝になられる日が来る。

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ