悠仁親王殿下、沖縄ご訪問


秋篠宮ご夫妻:悠仁さまと沖縄・糸満の平和祈念公園を訪問
毎日新聞 2013年12月10日 16時58分(最終更新 12月10日 18時07分)
秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さま(7)=お茶の水女子大付属小1年=が10日、
沖縄県糸満市の平和祈念公園を訪れた。
入学試験による休校日を利用したもので、悠仁さまが沖縄を訪れるのは初めて。
悠仁さまは濃紺のスーツ姿。国籍や軍人、民間人の区別なく沖縄戦で亡くなった
約24万人の名前が刻まれた平和の礎(いしじ)では、糸満出身者の名前が並んだ碑の前に立ち、
生まれてすぐに犠牲になるなどしたため命名されず、
「長男」としか書かれていない子供がいることなどを秋篠宮さまから聞いた。
犠牲者の名前が地域別に並んでいることを聞くと「東京はどこ?」と尋ねたという。
悠仁さまはこの後、公園内にある国立沖縄戦没者墓苑を訪れ、
ご夫妻と一緒に白菊を献花したほか沖縄平和祈念堂も訪れた。【長谷川豊】
http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20131210k0000e040210000c.html


悠仁さま、初めて沖縄へ 平和の礎を訪問
2013年12月10日18時51分
秋篠宮ご夫妻と長男・悠仁さま(7)は10日午後、私的旅行で沖縄県入りした。
悠仁さまが同県を訪問するのは初めて。
この日は、糸満市摩文仁(まぶに)の「平和の礎(いしじ)」を訪問。
悠仁さまは紺のスーツとネクタイ姿で、
沖縄戦などで犠牲になった約24万人の名前が刻まれた石碑を見学した。
男性の氏名に続いて「長男」とだけ刻まれた名前の前では、県の担当者から、
生後まもなく亡くなるなどして名前が分からない人もいたことを説明された。
県外の戦没者が出身地ごとに刻まれたエリアでは、
悠仁さまが「東京都はどこですか」と秋篠宮さまに尋ねていたという。
その後、国立沖縄戦没者墓苑では、3人で白菊を供花したという。
秋篠宮ご夫妻は以前から公私にわたって沖縄を度々訪問。
1997年には長女眞子さま(22)、次女佳子さま(18)とともに訪れ、同墓苑に供花している。
今回は、悠仁さまが通うお茶の水女子大付属小の入試休みを利用した旅行で、数日間滞在するという。
http://www.asahi.com/articles/TKY201312100230.html


悠仁さま、平和の礎に 秋篠宮ご夫妻と沖縄を初のご訪問
2013.12.10 18:17
秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまは10日、沖縄県糸満市の平和祈念公園を訪れ、
沖縄戦の戦没者約24万人の名前が刻まれた石碑「平和の礎」を見て回られた。
続いて国立沖縄戦没者墓苑も訪ね、献花された。
悠仁さまが通うお茶の水女子大付属小学校の入試休みを利用した私的旅行で、悠仁さまの沖縄県ご訪問は初。
悠仁さまは紺色のスーツにネクタイのお姿。
石碑には、生まれたばかりで亡くなったため「長男」や「次男」とだけ刻まれた人もおり、
秋篠宮さまが指をさしながら悠仁さまに説明された。
秋篠宮さまは11月の誕生日を前にした記者会見で、悠仁さまのご成長に関連し
「日本の国内にも地域ごとにさまざまな興味深い文化がありますので、
そういうのもできるだけ知る機会を作っていけたらいいなと私は思います」と話されていた。
昨年夏には北海道で、アイヌの人形劇を鑑賞するなどされている。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/131210/imp13121018190001-n1.htm



未来の天皇陛下としての道を粛々と歩まれていると感じる。

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ