皇太子夫妻 宮城

皇太子とその妻が被災地を訪問するため来た。
6月訪問予定だった時、私も駅でお出迎えしてある意思表示をする予定だった。
今回、友達に誘われたけど、お盆休みをたっぷりとったため都合がつかず行けなかった。
友達は3人で駅へ行ってきたとのこと。
歓迎のためでなく、「見たい」「言いたい」ために。

とりあえず、行った友達のメールでの報告。

・団体で来たと思われるお出迎え軍団がいた。
・マイクロバスで来た一団がいた(ナンバーは日本海側隣県のもの)
・群衆の中には単に足止めをくらった人もいて、小声で「迷惑」と言っていた人がいた。
・友達が作って持っていった「おだづなよ」うちわは取り上げられた。(あとで返してもらえた)
・夫妻ふたりとも、にやにや楽しそうだった。(あくまで「駅前で」なので、仮設住宅訪問では違うかも?)
・妻の厚みは横からみるとものすごい。


夫妻の被災地訪問は二年ぶり。昨年は一切なし。
両陛下、秋篠宮両殿下、常陸宮両殿下の幾度ものご訪問よりも大きくとりあげられているが
皇太子夫妻の静養の合間のやっつけ訪問は不快でしかない。
もちろん、そうでない感想を持つ人もいるだろうけど
この先、何度も「被災地に心を寄せる皇太子ご夫妻」として今回の映像が使われるのかと思うと
この夫妻の手口にうんざりする。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ