夢2013年7月

風呂敷
父 少し明るい色柄のものを探しているが
地味なものしかない
千代紙でもいいというので、姉が二階からもってくるが
父はいまひとつな様子
母 他近所、親戚

---------------------
実家?
両親
父は寝ている
枕カバーが緑と銀色の光る素材

---------------------
実家の玄関
観葉植物に小さなみみずく(飼っている?)
みみずくなのにインコのようにしゃべる
歌も歌っている(なんの歌か忘れた)
手にも乗る。私の手に乗っていびきをかいて寝ている
甥と姉とそれを見てかわいいね などと話す
チーズケーキをおやつに食べる
~~~
大きなワゴン車か、マイクロバスのような乗り物で
どこかから送ってもらって実家に到着する
(夢でどこからか実家へ戻れるのは珍しい。たいてい通り過ぎたり、みつからなくてたどり着けないことが多い。)

---------------------
見知らぬ場所 夢の中ではそこで一時的に働いていて今日が最終日
私物をいろいろ片づけている
持ち帰らなければならないものが多い
~~~
元同僚のOさんが鼻歌で「誰か故郷を想わざる」を歌っている(Oさんはもともとカラオケが上手かった)

---------------------
学校の文化祭?のようなイベント 見る側

---------------------
実家?
部屋が全く違う
オーディオセット2台 スイッチを切りたいのになかなか切れない
浴室 洗面所 順番を待つ
姪、甥

---------------------
テレビ?
女性3人、男性数人が夜更けの道端で抗争
自転車

---------------------
家族
父がいてうれしい

---------------------
元同僚Iちゃんともうひとり誰かと
夜祭へ行く
景色は実家周辺

---------------------
学校?
書類がなかなか揃わない
次のステップの部屋へ行けない
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ