20年

皇室に禍者が侵入して20年。
テレビや新聞では持ち上げ気味だが、ここ数年ですっかり化けの皮がはがれている。
病気の為というけれど、「私はこんなにつらい」「皇室の旧弊な環境が~」「人格を否定された」
「男児を生まなかったから責められた」「娘がいじめられた」と常に他者のせい、被害妄想。
「こんなに頑張っている」「いつも被災者に心を寄せている」アピールも鬱陶しい。

実際には一昨年に最低限の被災地めぐりをしただけで、
両陛下、秋篠宮両殿下、常陸宮両殿下、昨年お亡くなりになった寛仁親王殿下の
被災地お見舞い、ご進講、関連の公務の件数のほうがずっと多い。
それなのに、たいして報道もせず、皇太子とその妻の訪問は大きく何度もとりあげる。
これで印象を操作されてしまう人も多い。
あのふたりのカメラが回っていないところでの態度、受け入れが決まるまでのごたごた、
そういうのはなかったことになっている。
(また「来る」、「やっぱりやーめた」で、もめているらしい)
おそらく、他の公務先でもいろいろやらかしているのだろうと思ってしまう。

公務の選り好みや、私的な外出、嫁いでも実家優先なのは治療の為だそうだが、
何年経っても体調は変わらず、有効な治療方針なのかどうか。
このままなし崩しで今のスタイルを貫くのだろう。
宮中祭祀の徹底拒否という姿勢が怪しすぎる。

このふたりが日本の象徴という地位にたったら、こんな皇室はいらないという声も大きくなってしまう。
そのための破壊者侵入だったのかもしれない。
長期的に中から壊し、国民の皇室に対する敬意を奪っていく作戦?…というのは考えすぎだと思うけど
やっかいな存在であることにはかわりない。
あのふたりをやたらと擁護する人や、団体はおかしい、怪しいということがよく分かった20年だ。

それほど関心がなく、知識を持たないない人の中には未だに、ご病気である(ということになっている)、
お気の毒、という同情を持っている人もいるだろう。
無関心層の「なんとなく」という同情は「息苦しさを与える、時代に沿わない」皇室制度への批判へと変わる。
その批判が、何をしても(あの人だけは)許される、
しんどいならば祭祀を無くす、そして皇室解体の勢力に繋がることは想像に難くない。
行き当たりの同情が多くの国民から沸きおこり、世論を形成すること。
それこそが反日勢力が望むところ。

破壊者(とその背後)の好みや思惑に合わせて皇室を変えていくことがあってはならない。
皇太子妃という役割が果たせないのであれば当然皇后という地位も難しい。
自称、すばらしい能力があるということなのだから、皇室を出て好きな仕事をすれば良いのでは?
幸い、皇太子がどうしても無理という場合には代わりの御方がいるし、その次の世代の親王殿下もいる。
何が何でも次代は現皇太子=浩宮でなければならないというわけでもない。
そのための皇位継承順位である。
「一生全力で守る」と言ったのだから皇太子もついていくという選択肢もあるし、
完全に妻を自由の身にしてあげるという選択肢もある。
今のままでは夫妻にとっても、皇室にとっても、日本にとっても良いことではない。

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ