山元町のお寺の観音像戻る

被災地で盗難の観音像戻る 寺に「置きました」と電話 宮城
2013.5.28 18:43
 宮城県山元町の寺院「普門寺」から観音像が盗まれた事件で、宮城県警亘理署は28日、
観音像が見つかったと発表した。近く元の場所に戻される。
 坂野文俊住職は「本当に良かった。皆の思いが通じたのかもしれない」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。
 坂野住職によると、28日午前9時ごろ、同寺に男性の声で「観音像を置いていきました」と電話があった。
坂野住職が外に出ると、観音像が玄関前に立った状態で置かれていたという。損傷はなかった。
 観音像は真鍮(しんちゅう)製で東日本大震災の津波で流されたが、がれきの中から発見。
その後、遺骨などで作られた塚に安置され、地域で震災犠牲者の鎮魂の象徴となっていた。
 同署は、窃盗事件として調べている。観音像は22日午後1時ごろに盗まれていることが分かり、
同寺が被害届を出していた。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130528/crm13052818470014-n1.htm


無事戻ってきて良かった。


カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ