靖国参拝

<安倍首相>「脅かしに屈せず」 靖国参拝で中韓反発に
毎日新聞 2013年04月24日 20時38分(最終更新 04月25日 08時04分)
安倍晋三首相は24日の参院予算委員会で、中国や韓国が閣僚の靖国神社参拝に反発していることについて
「国のために命を落とした英霊に尊崇の念を表するのは当たり前だ。わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない。
その自由を確保している」と述べた。野党からの批判に対しても
「(海外からの)批判に痛痒(つうよう)を感じず、おかしいと思わないほうがおかしい」と反論した。
民主党の徳永エリ氏への答弁。

【自民も民主も…集団参拝した方々】
21日に靖国参拝した麻生太郎副総理は参院予算委の答弁で
「世界中で、祖国のために命を投げ出した人に政府が敬することを禁じる国はない」と答弁。
古屋圭司国家公安委員長も
「国会議員として、国のために命をささげた英霊に哀悼の誠をささげるのは当然だ」と強調した。
一方、来日中のバーンズ米国務副長官は24日、首相官邸で加藤勝信官房副長官と会談し、
閣僚の靖国参拝について日本政府の考え方をただした。会談はバーンズ氏が呼びかけたもので、
麻生氏らの靖国参拝に中国や韓国が反発していることを踏まえた対応とみられる。【小山由宇】
http://mainichi.jp/select/news/20130425k0000m010067000c.html


「脅しに屈しない自由確保」…首相、靖国で
安倍首相は24日の参院予算委員会で、麻生副総理ら閣僚3人による靖国神社参拝に
中国と韓国が反発していることについて、「尊い英霊に尊崇の念を表するのは当たり前のことであり、
閣僚がどんな脅かしにも屈しない自由は確保している」と述べ、閣僚の参拝を容認する考えを示唆した。
中韓両国の抗議について、「金大中(韓国大統領)時代以前はほとんどない。なぜ、急に態度が変わったか、
ちゃんと調べておく必要がある。中国もA級戦犯が合祀された時も、その時の首相の参拝に抗議しなかった」
と語った。民主党の徳永エリ氏が「閣僚の靖国参拝で、外交に影響が出ている」
と指摘したことに反論したものだ。首相は「歴史や伝統の上に立った私たちの誇りを守るのも私の仕事だ。
それをどんどん削れば関係がうまくいくという考え方は間違っている」と強調した。
(2013年4月25日07時15分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130424-OYT1T01165.htm


閣僚の靖国参拝 日韓“歴史戦争”本格化の様相
2013.4.25 08:20
【ソウル=黒田勝弘】「円安・歴史挑発…日本また“韓(朝鮮)半島侵略”」。
麻生太郎副総理に続いて日本の国会議員多数が靖国神社を参拝した23日、
韓国の夕刊紙(文化日報)が1面トップで伝えた見出しだ。
さらに翌24日の各紙は安倍晋三首相が国会答弁で「侵略の定義は国際的にも定まっていない」
と発言したとして「安倍総理、日帝の侵略まで否認…ドイツなら辞職もの」(朝鮮日報、1面トップ)などと
激しくかみついている。このところ北朝鮮の官営メディアが「核戦争脅迫」で
大げさな“言葉の戦争”をやっていたが、今度は韓国メディアが大々的に反応している。
韓国にとっては“極右・安倍政権”(韓国メディアの表現)から
予感通り歴史問題で論争を仕掛けられたかたちだ。しかし、韓国はすでに竹島や慰安婦の問題で
日本非難・糾弾をやり放題でやってきている。おとなしかった日本が反撃に出始めたことで
日韓の“歴史戦争”は本格化しそうだ。
日韓の歴史問題は、日本および自由陣営の安全保障上の観点から韓国の役割が重要だった冷戦時代が終わった
1990年代以降、表面化した。韓国を支援し韓国に配慮、遠慮してきた日本に
「もう言いたいことを言ってもいいのではないか」という雰囲気が出た。
韓国でも冷戦終結に合わせ民主化時代が始まり、国力増進による自信もあり反日に歯止めが利かなくなった。
日韓の“歴史戦争”は旧ソ連陣営と同じく、冷戦構造というタガがはずれたことによる自由陣営内での
民族感情噴出といっていい。
“歴史戦争”において韓国はこれまで歴史的被害者意識をタテに終始、日本に対し優位にあった。
しかしここにきて“歴史の復権”を叫ぶ安倍政権の誕生で日本は反撃に転じた。現実の韓国はもう弱者でもない。
しかし歴史問題は過去をどう考えるかという話だから外交的にはいつでもしばし棚上げできる。
再燃した靖国神社問題も日韓関係の現実とは直接関係はない。
韓国は今回、外相会談拒否で日本に抗議した。対日関係で「歴史的被害者への配慮」を強調している
朴槿恵大統領は政治指導者として「原則重視」を看板にしてきただけに、
日本に対し毅然(きぜん)とした態度を取らざるを得ない。
迂遠(うえん)ともいえる歴史問題を理由に外相会談を中止したことは
会談にそれほど緊急性はなかったことを意味する。日韓でこの種の外交的トラブルはよくある。
緊急性が生じれば修復に向かう。朴槿恵外交は当面、5月の訪米が最大懸案で
安倍外交も今週末からのロシア訪問が大きい。そうした“外回り”の後、日韓はあらためて見合うことになろう。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130425/kor13042508210001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130425/kor13042508210001-n2.htm








他国に干渉されるようなことではない。
安倍さんは強硬姿勢を貫いてほしい。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ