酔いそう

映画館に体感型の新システム
4月22日 19時10分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130422/t10014102681000.html

立体的な映像に加え座席が動いたり水や風が出たりするなど、
体感型の新たな上映システムが名古屋市の映画館に導入されることになり、内覧会が開かれました。
このシステムは愛知県内に本社を置く映画館の運営会社「コロナ」が、
立体的に映像が見える「3D」の一歩先を行く体感型のシステムとして導入するもので、
22日、先行して導入される名古屋市の映画館で内覧会が開かれました。
システムではこれまでの「3D」機能に加え、映画のシーンにあわせて
座席が前後左右、上下に動くようになっています。
さらに、座席前の装置から霧状の水や風、それに香りが吹き出すほか、
天井などに設置された機械からシャボン玉や煙が出てくるようになっていて、
映画の登場人物になったような臨場感を楽しむことができるということです。
この会社によりますと、こうしたシステムは韓国など海外の映画館ではすでに導入されているものの、
日本では初めてだということです。
観客は通常の料金に加えて追加料金を支払うということで、この映画館では今月26日から上映が始まります。
映画館の入場者数はDVDなどの普及もあって伸び悩んでいるということで、
この会社では今後、このシステムを全国に広げて入場者数を増やしていきたいとしています。
「コロナ」の営業本部の大原輝久部長は「映画館で映画を観てほしいと思い導入しました。
ぜひ一度体験してほしいと思います」と話しています。




単に映画館の大画面と大音量でも酔いそうになるのに。
こんなことされたら、絶対無理。
座席すべてがこうなるわけではなくて、追加料金を払って観るものなので
利用することはないだろから別にいいけど。

これで入りは伸びるのだろうか。ある一定の層しか喜ばないような気がする。
もうちょっと年齢が上の人向けのサービスを増やした方が収益はあがると思う。
私に限って言えば、映画を観ている間に髪を切ってくれるとか、爪をみがいてくれるとか
マッサージをしてくれたら、一度は行くかもしれない。
そういう店でありがちな鬱陶しいおしゃべり(取り調べ風)をしなくて済むし
時間の節約にもなるし、一石二鳥。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ