夢2013年4月

バッグ (実際には見覚えはないが)自分のがいくつか部屋にぶら下がっていて
どれを使おうか迷う
大きなバッグの中に小さなバッグが入っている
色は茶系
~~~
軽度の障害者施設?か学校のようなところで働く
手足が異常に長い人もいる
そういうのは苦手なので早く帰りたいと思う
途中で帰る?
翌日、(実際に持っている)自分のバッグを取りにいく

------------------------
稲刈り 両親
稲刈り後、道路に菜の花のプランター 何か意味があるらしく、近所のおばさん?が説明している
夏の景色(稲刈り 菜の花 夏の景色で季節がめちゃくちゃ)
姉が家を近所に借りたらしいという予備知識が夢の中であり
借りたのはいいけど、手入れに行く暇がなかなかないという話も(夢の中で)既にきいている
母がその家を見に行くというので私も一緒についていく
途中で、さっき稲刈りに父もいたということを思いだし
母に「あれ?お父さんは?」と聞く …元気なころの父ではなく、少し具合が悪くなってから…
ひとりにして大丈夫かな…という気持ちで聞いたが、そういえばもういないんだった…と思いだす
(私は常々、夢の中でいいから一瞬でも父が生きていた、
 夢の中では父が死んだことに気がつかない状態の夢をみてみたい と思っていた)
瞬時に、あ、ちがうと思い出してしまったが
(夢の中で)母と「(ちょっとでもその状態を味わうことができて)良かったね~」と笑う。

------------------------
3月に研修があるのでそれを機に引越し?
下見? 家主のおじさんが案内してくれる
寺のような入口、階段
不気味な部屋 壁がカビだらけ
風呂共同?
一旦建物からでて振り返ると幽霊?らしきものがうじゃうじゃみえる
そこには住まないことにする
~~~
道を歩く
周りに数人の小学生くらいの子もいる
用水路のような川を渡って向こう側に行きたいのだけど なかなか難しい
右側をみると道路や線路があり、もっと簡単に渡れるように見える
線路を横断してみると長くてとても距離がある
遮断機が下りているところもある
通って行く電車をやりすごし、渡ろうとするがまだ線路がある

------------------------
実家
家族4人(両親、姉、私)で食卓を囲む
途中で私は父は死んでいると気がついて、夢の中の父の手に触ってみる
普通の、生きた人間の感触でうれしい。
そうそう、父の仏前に食べ物を供えるときのために紫檀の箸を(実際に)買ったはず…
と思いだし、夢の中で手渡す。はじめ片方だけ、もう片方がなかなか見つからず、
別の太い箸が出て来て、さらに別のを渡したりして
それは~箸だぞと父に注意されたりしながら、ようやくもう片方も渡す

------------------------
仕事?今の仕事とは違う、何か特別な任務
周囲の人と協力しあって遂行
疲れて倒れ込む
~~~
TV?
OT 無造作に真珠や白い貝殻でできたベールをだし、かける
~~~
何人かで食事
ワインのテイスティングを任される
よくわからないので、恰好だけ
~~~
実家?倉庫?

------------------------
昔の実家 
布団を敷く 青いタオルケット 洗濯してまだ干していない物なのか、そうでないのか
よくわからなくて触ってみて確かめる
~~~
父母、私と西向きに枕を並べて布団がある
朝?
座敷の一番手前の部屋から出ようとすると
母が「左官屋さんが来ているから部屋からでないように」というが
左官屋さん(眼鏡、作業着、中年のおっさん)が入ってきて挨拶する
両親と私も座って挨拶する
母と私は笑いをこらえている

------------------------
駅のホーム
電車に急いで乗る
乗り間違える?
次の駅で降りようと思う
ワンマンカー?
料金がよくわからない
行先 佐倉?
~~~
髪を自分で切る
切りすぎた毛束が落ちているがわたしのではない

------------------------
実家
お風呂の順番を待つ
早く入りたいなーと思う
~~~
TVの中
飛行機の翼の脇に自転車
それに乗る人

------------------------
古民家のような家
土間、離れの水屋
~~~
↑その家と塩釜の方の120坪の家を誰かが買うそうだ、という会話が聞こえる
~~~
電車が注文したものを運んでくるファミリーレストランのような感じで
カラフルな蛇が棚か梁の上をすーっとはっていくのが見える家
父が、ああいうのはいやだと言うので同意する。

------------------------
家族、親戚?
私の御膳だけない。
ふてくされて帰ると言う。
近所の家の中を通って帰ろうとする。
~~~
車、姉、母
家を通り越していく
○○海水浴場という標識が見える
早く家に帰りたいと思う。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ