グリシン

アミノ酸のグリシン。
眠りの質を良くするという効能に惹かれ、サプリを飲み始めて二週間ほど。
毎日飲んでいるわけではないが、確かになんらかの作用はあると実感している。

入眠効果はそれほどなし。
飲んだからといって眠くなるようなことはない。
飲まない時のように布団に入ってから1時間ほど眠れないこともある。
飲まなくてもすぐに眠れる時は眠れるし、眠れない時は眠れないのであまり関係なさそう。
ただ、心身が入眠体勢に進んでいくような感じはある。
測ったわけでないけど、体温とか血圧が睡眠時モードになるような感じ、
それから頭の中のいろいろな考え事が遠くにいったりとか
ああ、もうすぐ眠れそう…という感覚はすぐにやってくる。

夜中に何度か目覚めることも改善はされない。
でも途中で目覚めたときに起きる漠然とした不安感や焦燥感はなし。
そして夜間に目覚めたとしてもほぼ90分のワンサイクルは守られている。
途中の目覚めから再び眠りに入るときに
意識の深いところに潜るような感覚がある。


眠りは深くなる気がする。
夢のタイプが飲んだ時、飲まない時では明らかに違う。
夢の中で夢だと認識していない。(普段の私は大抵夢の中でこれは夢だという自覚がある)
強い感情を伴う(主に怒りと悲しみ…おそらく深いところの潜在意識)。
どんな設定の夢でも、疲れるということはない。
疲れる夢というのは表の意識が働き続けている夢。
表の意識はしっかり休んでいると感じる。


一番肝心なのは、起きたときに心身の疲れが取れているかどうかだけど
それは効いているような気もするし、効き目はそれほどでもないような気もするし…
前日の疲労度によって違うのか、いまひとつわからない。

日常の連続とはかけ離れた夢をみるので 「あ~すごい夢だった」「夢で良かった」
夢の役割のひとつにストレス発散があるらしいけど、その役割は果たしているように思う。
睡眠時間が少なくても、なんかしっかり寝た!という目覚め。(=満足感とは違うが)

寝起きがすっきりさわやかというわけでもないが、ぼんやりというほどでもない。
効果や合う、合わないや感じ方は個人差があると思う。
私としてはもうちょっと朝に活力がほしいのだが、そこまでは望めないのだろうか。

カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ