「政権奪還へ全力」安倍氏

「政権奪還へ全力」安倍氏
2012.9.26 16:09 [自民党]
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120926/stt12092616100011-n1.htm
自民党新総裁に選出された安倍晋三元首相(58)は26日午後、党本部で開かれた両院議員総会で
「首相としての経験と責任を胸に刻み、政権奪還に向け全力を尽くしたい」と述べ、
野田政権を早期の衆院解散に追い込む決意を強調した。
 同時に、2007年9月に病気を理由に突然首相を辞職したことに触れ
「ご迷惑をお掛けしたが、この難局において、新しく強い自民党をつくるため先頭に立つ使命を与えてくれた」
と述べた。
 安倍氏は直ちに幹事長をはじめとする党役員人事に着手し、新執行部を立ち上げる。
午後5時には記者会見し、10月に想定される臨時国会への対応や解散戦略などについて見解を表明する。


石破氏を要職起用へ 安倍新総裁が会見
2012.9.26 17:49 [自民党]
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120926/stt12092617520013-n1.htm
自民党新総裁に選出された安倍晋三元首相(58)は、過半数の地方票を獲得した石破茂前政調会長(55)を
要職に起用する考えだ。
安倍氏は記者会見で、党役員人事に関し「一両日じっくり考える。来るべき衆院総選挙で勝ち抜く
強力な布陣を考えたい」と説明。「党員・党友票の過半を獲得した石破氏と私が協力することで
強力な態勢をつくれる」と述べた。
衆院解散をめぐり「近いうちに信を問う」とした野田佳彦首相と自民、公明両党党首との合意について
「国民との約束だ。実行してもらえると考える」と指摘した。




とりあえずは安倍さんで良かった。
政権交代しないことにはどうしようもないけれど、民主党にとって強い抵抗勢力となることには違いない。
何より、女性宮家案は止めてくれると信じている。
ただ、総理時代のように執拗に引き摺り下ろそうという勢力がまた跋扈することは考えられる。
さっそくNHKなどはネガティブな意見を流している。
今回は踏ん張ってほしいと願っている。

石破さんは過去防衛大臣であったのにもかかわらず、反日的思想を持ち、風見鶏でもあるので、
日中、日韓の関係が緊張している今、そっち方面の要職にはついてほしくない。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ