寛仁親王殿下ご逝去

寛仁親王殿下ご逝去 66歳
2012.6.6 16:01 [皇室]
三笠宮家の長男で、天皇陛下のいとこにあたる寛仁親王殿下が6日午後3時35分、
入院先の東京都千代田区の杏雲堂病院で逝去された。
66歳、皇位継承順位は第6位であられた。障害者福祉などに心血を注がれる一方、
気さくなお人柄で国民から「ヒゲの殿下」と親しまれた。
一般のご葬儀にあたる「斂葬(れんそう)の儀」は、東京都文京区の豊島岡墓地で執り行われるとみられる。
寛仁さまは平成3年以降、がんの治療を受け、今年1月にも下咽頭から口腔のがんを切除する手術を受けられた。
3月2日にのどの軟骨を切除する手術を受けたが、今月1日、口内から出血がみられた。
5日に腎臓や呼吸器系の機能にともない意識レベルも低下し治療が続けられていた。
寛仁さまは昭和21年1月5日、昭和天皇の末弟、三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下の長男としてご誕生。
学習院大学法学部を経て、戦後、皇族としては初めての海外留学で英オックスフォード大学に学ばれた。
大変なスキー好きとして知られ、スキーを通じて身障者や青少年の福祉などに取り組まれた。
55年11月、故吉田茂元首相の孫にあたる信子さまとご結婚。
長女の彬子(あきこ)さまと二女、瑶子(ようこ)さまをもうけられた。麻生太郎元首相は信子さまの実兄。
昭和57年には「社会福祉活動に専念したい」などと皇籍離脱を申し出られたこともあった。
平成3年にがんを患った際に病名を公表し、がん告知の議論にも一石を投じられた。

http://sankei.jp.msn.com/life/topics/life-14984-t1.htm


===========================

寛仁親王殿下はお若い頃には奔放な面もあったようだが、
女系天皇容認の考えには、異議をとなえていた。
宮内庁長官から注意されてもそれは一貫していた。
大切な御方がお亡くなりになってしまった。
残念である。
心からご冥福をお祈り申し上げます。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ