夢2012年2月

広いお風呂がある部屋に住んでいる
お風呂に入ろう、入ろうと思っているが、TVに夢中になってつい時間が過ぎてゆく
~~~
お風呂には大きな窓があり、ブラインドをいくつもおろす
~~~
男性友人1人と女性友人2人、計4人でごはんを食べる
男性友人は借金取り?に追われている
まちがってつかまりそうになる

--------------------
岩沼市?
趣味?仕事?何かの集まりのために建物の一角を借りている 楽屋風
地震の後、引っ越したばかり
何かの役職についている誰かが地震後、見当たらない?来なくなった?とかで
いくつかのオフィス家具は梱包したまま
~~~
その部屋の窓から白いヘリコプター(機関車トーマスのハロルド風)が飛び立つのを見るが
離陸に失敗して向かいの駐車場に突っ込んでいる
あれは心中らしいと伝え聞く
~~~
母、母の友人、他客
病気を4つ持っているらしい
それがあるおかげで定期健診をかかさず受け、かえって健康管理できているという話をしている
私は母の市民検診?を思いだし、申し込んだか?日付も過ぎているような気がして確認しようと
受診票を探す

--------------------
実家 家族 父もいる(ああ、向こうから帰ってきている、と夢の中で思っている)
父は明確にいろいろ話し、とてもうれしい
私のことも何やらほめている
私は、父の手を取り感触を確かめる
生きているときとおんなじでうれしい
~~~
職場 同僚は今の同僚と以前の職場の同僚が混じっている
学校の職員室のような室内
席替え? 以前の職場のキ印さんの隣でもいい?と元同僚が私に聞く
私は(現実の今の職場の隣の人もかなり微妙でどっこいどっこいなので)いいよと答える
なかなか席が決まらない
元の席のあたりに、見知らぬ年配の女性が座ることになる
スキャンなどの仕事らしい

--------------------
帰省
姉から何かのイベントに誘われる
休み期間の途中の日で、場所も遠いので、めんどくさいからいやだと言う
(夢の中での)以前に、参加してもいいようなことを私がいったらしく
姉は激怒
姉は誰かを私に紹介したかったらしい
~~~
結局そのイベント(落研の発表会?)を見に行っている
義理での参加なので適当に見ている
姉とその知人はまだ怒っていて、冷たい扱いを受ける
レックのこともなんやかやと言われる
~~~
私は姉たちとは別々に歩いて帰る
どこかの看板を見ながら(書いてある文字は忘れた)歩く
ようやく家に着く
姉が先に帰ってきている
姪や母もいる
姉が夕飯を作っていて、姪はもう食べている
姉が作ったものは食べたくなくて、母に八つ当たりしながら食べ物を探すがない
もう寝る!

--------------------
卒業?仕事の終わり?
試験 プリント10枚くらいで2教科?
以前に解いたことのある問題なので割合楽に解ける
でもどこか間違えたらしくて93点
~~~
紙類をいろいろ片づけている
中学校時代の同級生Aちゃんが荷物を忘れる
笑いながら取りにくる
~~~
以前の同僚HE
家族と車で出かけて途中で寄ったらしい
(いつも通り)自画自賛

--------------------
バス 小学校の前から乗る
途中から別方向へ行くことに気が付き、次の停留所で降りる
出発点から乗った人は380円と書いてあったが、一区間でいくらなのかわからない
運転手に聞いたが、話が通じない
「え?タダで乗せてくれ? まあ今回はそれでもいいけど~ なんたらかんたらぐだぐだ」などと
こっちが言ってもいないことをぶつぶつと言っている
話の通じなさに腹が立ち、「何円だ!!さっさと言え!」と怒鳴りつける
100円ということで、100円払い、腹がたったままずんずん歩く
バスはそこに止まったまま
そのまま歩く 同級生の実家の酒屋の前を通ると後を継いだらしい同級生が店の前にいる
こっちはむくれた顔をしているので私だと気づかれないようにそのまま声をかけずに通り過ぎる
(でも気が付いたようだ)
その次の酒屋の看板は店主の名前が看板になっている
そこのお婿さんの名前?らしいので、あ~ここも代が変わったんだな・・と思いながら通る
(実際の店の並びは逆だし酒蔵兼A酒屋と食料品店兼B酒屋はかなり離れている)
桜が咲いている
足が重く、なかなか前に進まないが歩く
桜を見ながらここを父と歩いたなあ…などと父を思い出している
(その道を父と歩いたことはない)
~~~
押入れの中に箪笥
服があっちこっちに中途半端に入っている
~~~
親王様をとてもかわいがっている(今現在より少し前…3~4歳位のお姿)
未来の天皇陛下と気軽に遊んだり、世話をしたりしていいのだろうか…などと思っている
(不敬お許しください)
~~~
友人、知人
鍋で何か煮込んでいる
私も手伝おうと葱をみじん切りにする
よく見ると、鍋の中は端切れ
え~食べ物じゃないものを煮込んでいる とびっくりする
そこにいた人が言うには、どうやら遊びらしい

--------------------
ねこと普通に会話している
実家?の二階 私の部屋にねこが遊びにくる
ねこは服を着ている 親しく話す
白地に少し虎縞が入ったねこ
ねこは階下に住んでいる
私も階下に降りる
壁に埋め込みのストーブがいくつもある
ねこの正体が(夢の中で)わかった(覚えていない)
~~~
台所 丸い飴(白地に青い渦巻き)が食べ物の入った皿の上にある
私は(なぜか)その飴を温めて食べる
皿は茶碗蒸しの下ごしらえだったらしい
茶碗蒸しに火が通りすぎてしまい、母か姉から文句を言われる
私は面白くない、言い返す

--------------------
地下鉄?電車?
仕事のため?(夢の中での)同僚達とどこかへ向かっている。
2日?ほど乗っているがなかなか目的地に着かず、みんななんかおかしいと言い始める
しばらくしてようやく橋を渡り、目的地が見えてくる
電車の中はミニキッチンやトイレがある
~~~
どこかの商店街
住まいも仕事場もその一角にある

--------------------
何かのカリキュラム(生きやすくするための)を受けるように勧められる
夢の中では先生と呼んでいるが見知らぬ女性 私は高校生位?
カリキュラムは通信制でそのセットが段ボールに入っている
何かの手違い?でもうひとつのカリキュラムのセットがあり、
私が自分で受講しようと思ったペン字か何かのセットもあり、忙しくなりそうだな・・と思っている

---------------------
旅行?
電車に乗って手を振る
私は特別待遇?
デパート?お土産売り場  
いろんな物が売っている
如来玉?と書いた玉が気になる

---------------------
姉、姪
実家からこっちへ戻る電車に乗るために送ってもらうが遅れそう
~~~
親戚 T、S、Y
三人でなにやらごちゃごちゃしている

---------------------
父といろいろ話す
昔の実家の台所側の出窓の外(実際とは違い、高い所にあり少し怖い)
父が落ちないよう支えている。
父は「少し位自分を折ってでも、和を保ったほうがいい」と言う
(私としては2/7に書いたことの答えと解釈したい)

---------------------
家族みんなで車で出かける
私は早く家に帰りたい
ひとりで歩いて帰ることにする
近いと思っていたのに、なかなかたどり着けない
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ