パンダいらねでば

ジャニーズのパンダ招致負担は5年50億円
近藤真彦(47)がジャニーズ事務所を代表して、東日本大震災復興支援プロジェクト
「Marching J」による仙台市・八木山動物公園へのパンダ招致活動の詳細を初めて語った。
プロジェクトによってパンダ招致と飼育に要する費用5年分を負担すると明言。
公園内に設置するパンダ舎に「Marching J」の表札を掲げるプランを明かし、
募金の使途も明確にする必要もあると強調した。
ジャニーズ事務所の長男坊的存在である近藤が代表を務める「Marching J」の一環として
パンダ招致の検討を始めたのは半年前。復興を優先する仙台市がパンダ招致を断念したとニュースで知った。
「子供を喜ばせるだけでなく、東北における経済効果も大きく期待できる」として
招致に乗り出した経緯を説明した。
募金の使途を明確にする意図もあった。「Marching J」では昨年4月、
所属タレント総動員で募金活動を展開。今も公演会場に募金箱を設置するなど活動を続けている。
「ファンの方々や募金してくださった方々に対し、明確にここに使いましたと言える活動にしたかった」。
目に見える成果としてパンダ招致は最適だったと判断したという。
仙台市に対し、パンダ舎に「Marching J」の表札を掲げることも要請している。
「パンダを呼ぶことができたら、費用5年間分は負担しますと、仙台市にも伝えています」と明かし、
長期間にわたる支援を明言した。仙台市では、上野動物園などの場合を参考にすると、
招致から飼育までの費用は年間10億円前後とみており、5年間となると総費用は約50億円に達する。
現在までの「Marching J」の募金額については「5円出した子もいれば、1000円の子もいる。
発表するのはどうかなと思っています。みなさんが想像する金額より、はるかに下」として、公表しない方針。
招致には、ジャニーズ事務所や関連会社も資金を提供していく。
プロジェクトの期間は当初、約1年間としていた。
「最初はパンダのアイデアがなかったので今年3月までと考えていましたが、できれば続けていきたい。
エサ代などの募金があったらすてきかな」と話した。

http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201201280004.html


パンダが来れば子供たちは喜ぶだろうけど、=復興ではない。
そこまでしなくていいのに。
私のように大反対しているのは一部かもしれないが、
熱心に賛成しているのも、また一部。
テレビのインタビューなど「パンダがきたらうれしいですか?」と聞かれるので
大抵の子供は「うれしい」「見たい」と答えるに決まっている。
大多数の人は「どちらでもよい」(=どうでもいい)「金の負担はできるだけ少なく」

近藤さんのことを言うわけではないが、最近の芸能人がらみの震災復興プロジェクトは
おかしなものも出始めている。
3月10日に花火上げるとか、やめてほしいよ。


カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ