日記(1/16)

寒い日が続いている。
体を動かすことも、外に出ることも億劫。
仕事も一日中座っているし、通勤以外に歩かないので筋力も落ちているような気がする。
休日は家に閉じこもったきりだし、家事も最小限。
こんな生活だと、太るかな(私は少し体重を増やすことを望んでいる)と思いきや
ちっとも体重が増えない。
寒いと消化能力も落ちるようで、胃の調子もあまりよくない。
実家からお餅をどっさりもらってきたので
毎日のように食べているけど、なかなか40キロを超えない。


今日は防衛省からアクセスがあった。
たぶん、次期戦闘機のニュースの記事?だと思うけど、なんだろ。
私は否定も肯定もしていないし、やましいことはないけど、なんか気になる。


平清盛、やはりちょっと微妙かな…
ここ数年の大河の中ではまし。
主演の人も悪くはない。
でも、ところどころ変。
脚本の藤本有紀さんは朝ドラは面白かったけど、時代劇は向いていないような気もする。
まだ様子見。
源義朝役の人が大嫌いなので、その部分は飛ばすつもりでいる。
一部で言われているような天皇家貶めはそういう目で見ればそうかもしれないが
意図的かどうかまではわからない。
「やはり天皇家はあんなことをやってきたのか」「だから敬う必要はない」
と言いたい人はどんな表現をしても言うと思う。
どんなことでも~だから皇室はいらないと結びつける人はいる。
これから鳥羽-崇徳-(近衛←登場するかどうかはわからないけど)-後白河…ともっと恐ろしいことになる。
ドラマは頼朝が壇ノ浦の報を聞くところから始まっているので
安徳帝(清盛の孫)の最期までやるのだろうか…
この時代の朝廷は魑魅魍魎としていて当たり前。
(帝がころころ変わってわかりにくいという方は、歴史書もいいけど百人一首の解説本などでも、
院政やドラマの時代の法皇、帝についてざっくりと説明しているものがあるので興味があれば読むと良い)

私は皇室は敬っているけれど、皇位継承のなんだりかんだりはきちんと扱ってくれたほうがいい。
現代は、浩宮徳仁親王が当たり前のように次の皇位につくと皆思っている。
狂人や足りない帝は今までにもいたが、
現代の世においてあの馬鹿ぶりは皇室を終了させたい勢力には格好の駒。
現代でも、譲位、島流し、幽閉ができればいいのに。



カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ