また

また言い訳だらけの東宮職医師団見解
一体何年、繰り返しているのか

着実に回復している
努力している
ごちゃごちゃ言うな

本人の誕生日を迎えての文章もあいかわず
いちいち言い訳しなければ気が済まないらしい。
●校外学習への付き添いは学校から勧められた
・・・?学校側と言っていることが違う。
●これからも,被災地の方々の思いを深く心にとどめ,一人一人の方の今後の幸せを祈り続けながら,
 復興への道のりを末長く見守っていきたいと思います。
・・・よく言うよ、取材設定されていないところでへらへら笑っているのを見た人、いっぱいいるんだよ
へらへら笑いが一転して仏頂面になった、と言っていた人もいた。
両陛下や秋篠宮両殿下はもちろんのこと、
(伝聞だけど)高円宮久子さまや若い承子さまですら、終始神妙にしていたというのに。
声をだして笑ったのもこの夫妻(岩沼市於)。ガレキの山がそんなに面白い?
にこやかで温かい眼差しとへらへら笑いって違うんだよ。神妙と仏頂面も違うんだよ。
公務中の態度とは思えない。
でも、普段の言動のせいで、本人としては気さくなつもりがへらへら笑いと受け止められ、
真剣な顔をしたら仏頂面と言われてしまうのかもしれないけど・・

私の周囲には、あの夫妻には見守られなくてもいい、あいつらに言われたくない、自分たちの心配をしとけ
どうせ言葉だけ、一ヶ月後の4月11日はお楽しみ会をしてたくせに(←まだ言う人がいる)
などと言っている人多数。 


カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ