日記(12/1)

もう12月。
今年は長いような短いような・・・
地震前の今年の記憶はかなり遠い。

昨日、紅白の出場歌手も決まった。
半島人たちが出る。
司会の顔ぶれだけで見る気が失せているというのに、なんということだ。
でも、見ないと言いつつ、大晦日は帰省しているし、実家ではテレビをきっとつけているだろう。
もはや出場を潰すことはできないので、せめてもの意思表示として
NHKに「K●●Aと少●●代と東●●起は何時ころ出ますか?その時間はテレビ消しますので」と言ってやりたい。
実家は受信料を払っているので、別に意見を言ってもいいはず。

浩宮徳仁の娘が今日、10歳になったとのこと。
優秀だ、優秀だと痛々しいほどだが、ちょっと映像は無理がある。
そっとしておいてあげたほうがいい。
女性宮家など創らなくても、降嫁しないかぎり、御簾の影でひっそりと暮らすことはできるのだから。
もちろん、本当に優秀ならば就職してもいいし、理解ある人と結婚して一般人になるのもいい。
女性宮家創設はこの子のため、この子の母親のためという気がしてならない。

ニュース記事によると
>東日本大震災では、被災地の様子を報道で知り、心を痛めたといい、震災1カ月目には黙祷(もくとう)をされた。
などと書いているが、
この日、この一家は東宮御所でパーティーを開いていた。
パーティーの最中に黙祷したのかもしれないが・・・・

サンデー毎日2011年6月12日増大号
祈りの日 東宮御所で開かれた「ある行事」
大震災から一ヶ月の4月11日、皇太子ご一家のお住まいに愛子さまの学友が招かれた。
同日、天皇、皇后両陛下は震災の犠牲者を追悼し静かに過ごされたという。
関係者から皇太子ご一家の行動に疑問の声が上がっている。

これは宮城県に浩宮とその妻が来る直前に発売された雑誌。
山元町の友人にこの記事を教えたところ、隣近所に触れ回ってくれたのでよく覚えている。

ちなみに宮内庁のHPでは
平成23年4月11日(月) ご日程
天皇皇后両陛下 
ご黙祷(東日本大震災から1か月目に当たり)(御所)
皇太子同妃両殿下 
ご黙祷(東日本大震災から1か月目に当たり)(東宮御所)
文仁親王同妃両殿下,眞子内親王殿下,佳子内親王殿下並びに悠仁親王殿下
ご黙祷(東日本大震災から1か月目に当たり)(宮邸)
以上のような記述があるが、浩宮徳仁の娘に関しての記述はなし。



ところでいよいよきな臭くなってきた
女性宮家「緊急性高い」=国民的議論必要-野田首相
野田佳彦首相は1日の記者会見で、安定した皇位の継承に向けた「女性宮家」の創設について、
「皇室活動の安定性という意味から、緊急性の高い課題と認識している」と表明した。
羽毛田信吾宮内庁長官が10月5日に行った首相への説明を受け、政府は創設を視野に入れた検討を始めており、
世論や与野党の動向も踏まえながら慎重に進める考えだ。(2011/12/01-20:37)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2011120101008

NHKの9時のニュースでは
内親王は皇室に残る方向で検討されていると言っていた。
悠仁様を支えるためと言いつつ、浩宮の娘を即位させようという動きにつながるような気がしてならない。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ