産経抄 11月26日

産経抄
11月26日
2011.11.26 02:49
江戸時代きっての知識人だった新井白石は、6代将軍家宣の側近、
今風にいえばブレーンとして国政にも辣腕(らつわん)を振るった。
その彼の最も大きな功績は、先代綱吉が亡くなった直後、家宣に提出した皇室に関する意見書だろう。
▼当時の皇室は、財政難もあって天皇の子供でも皇位継承の可能性が高い親王を除き出家させるのが普通だった。
承応3(1654)年に後光明天皇が若くして崩御した際には、皇族男子はほとんど出家しており、
綱渡りの状態で後西天皇が即位した。
▼事態を憂えた白石は、徳川家に御三家があるように、皇室にも皇統断絶を防ぐため新たな宮家が必要だと論じた。
白石が偉かったのは、宮家が増えるのは武家にとって不利ではないか、という慎重論を一蹴、
「ただ、武家政治の良否のみに関係する」(折りたく柴の記・桑原武夫訳)と幕府の枠を超えた判断を示したことだ。
▼家宣は彼の意見を取り入れ、宝永7(1710)年、閑院宮家が創設された。
この血筋を今上陛下も引かれているのだから、白石の建言と家宣の英断がいかに先見の明があったか
300年を経たいま、よくわかる。
▼藤村修官房長官は、きのうの会見で、女性皇族が結婚しても皇族の身分を維持する「女性宮家」の創設について
玉虫色の発言をした。ひとつの案ではあるが、占領下に臣籍降下させられた旧皇族の復帰も検討するのが筋だ。
▼とはいえ、当面は秋篠宮さまの長男、悠仁さままで皇位継承に何の心配もない。
政府・宮内庁が今なすべきことは、悠仁さまにしっかりと帝王学を学んでいただく態勢をつくることだ。
その後のことはじっくりと衆知を集めれば良い。平成の世にも白石はきっといるはずだ。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111126/imp11112602500001-n1.htm



んだんだ。
TVの報道を見ると、女性宮家創設ひいては女性天皇を認める方向へ動き出しそうな不安がある。
明らかに、誘導していると思われる報道機関もある。
議論、検討を重ねていくことは悪くはないが、以前の有識者?会議のような
無理矢理な皇太子の長女を天皇にするための典範改正論議は不要。
女性宮家は公務の分担はできるが、男系血統の確保はできない。


==============

女性宮家検討、女系天皇議論とは切り離し…政府
政府は皇族女子が結婚後も皇族の身分を保つことができるようにする「女性宮家」創設について、
皇位継承や女性・女系天皇などの問題と切り離して慎重に議論を進める構えだ。
藤村官房長官は25日の記者会見で、女性宮家の創設について
「今後、国民各層の議論を十分に踏まえて検討する必要がある」と何度も繰り返した。
藤村氏の記者会見前に、事務方が作成した応答要領は「そうした(検討の)事実はない」というものだった。
しかし、藤村氏があえて「検討する」との方針を示し、
野田首相と羽毛田信吾宮内庁長官との10月5日の会談内容を説明したのは、この問題が「緊急課題」という危機感からだ。
ただ、一方で検討対象を「女性宮家の創設」に絞り込む構えを見せているのは、
女性天皇や女系天皇、さらに皇位継承の問題に議論が広がると、
皇位継承は「男系男子」のみと主張する自民党やたちあがれ日本などの一部議員を刺激し、
議論がまとまらなくなる可能性が強まるという判断がある。
(2011年11月26日06時37分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111126-OYT1T00140.htm


女性宮家創設、「性急に考えるべきでない」と自民・安倍氏
2011.11.26 21:10
自民党の安倍晋三元首相は26日、都内で行われた保守系団体の集会で、
藤村修官房長官が女性皇族の結婚による皇族の減少を食い止めるため
「女性宮家」創設検討の必要性を指摘したことについて
「性急に考えるべきではない。民主党政権が取り組んで大丈夫なのかと強く危惧している」と述べ、
慎重に議論すべきとの考えを示した。
安倍氏は「(女性皇族に)適齢期がくれば、民間に降嫁されて宮家がなくなってしまうという状況にもあり、
いくつか選択肢を考えるべきだ」と述べた。
同じ集会で、たちあがれ日本の平沼赳夫代表は
「125代にわたって、男系で続いてきた世界の宝といわれる皇室を女系に変えることがあってはならない」と指摘。
一方、「女性の宮家をつくることはいい」と一定の理解を示したが、
その場合でも「(旧宮家などの)男系のいわゆる血を持っている男性と結婚して男系の血を守っていくことが
皇室の存続にとって大切だ」と強調した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111126/stt11112621140006-n1.htm

==============


女系天皇議論とは切り離して検討するということだが
二段構えで来る可能性もある。
今、女性宮家を認めて、いずれは女性天皇・女系天皇への足がかりにするという下心があるかもしれない。
読売の
>女性天皇や女系天皇、さらに皇位継承の問題に議論が広がると、
>皇位継承は「男系男子」のみと主張する自民党やたちあがれ日本などの一部議員を刺激し、
>議論がまとまらなくなる可能性が強まるという判断がある。
という書き方には、何がなんでも女性宮家創設を認めさせる、という意志を感じる。

女性宮家を創りたいのは誰なのか?
羽毛田宮内庁長官は「女性宮家の創設の検討を要請したり、選択肢として示したりしたことはない」
↑でもこの人は結構あやしいと思う。
羽毛田長官の発言は陛下の御心を代弁していると言う意見もあるが、そんなことはないと思う。
この人は今までにも私見を次々と発信してきた。
悠仁親王殿下ご誕生以前はあきらかに女性天皇を認める方向で動いていた。
女性天皇に反対する寛仁親王殿下の発言を封じようとまでしていた。

一昨年の秋篠宮文仁親王殿下のお誕生日会見では
「・・将来その当事者になる皇太子ほかの意見を聞くという過程も私は必要なのではないかと思っております。
皇室の在り方に関連して,今ご質問にあった皇族の数が今後減少していくことにより,
これも何ていう言葉を使って言ったらいいか私にはよく分かりませんけれども,
皇室の活動もしくは役割とか,そういうものが先細りするのではないかという意見を聞くこともあります。
しかし,その一方で,皇族の役割を明確に規定したものはありません。
これは言い換えると,よく公務という言い方がされますけれども,
皇室の中で国事行為は別にして,皇族の場合には公的な活動というものはあるわけです。
しかし,いわゆる規定のある公務というものはないと考えていいのだと思います。
したがいまして,そういう規定がはっきりしないということから,なかなかその辺りのことを言うことは難しいように感じます。
これはまた,全く別の視点になりますけれども,皇族の数が今後減るということについてですけれども,
これは確かに今まで皇族が行ってきたいろいろな仕事,それから役割が,
だんだんそれを担う人が少なくなるということはありますけれども,国費負担という点から見ますと,
皇族の数が少ないというのは,私は決して悪いことではないというふうに思います。」
とおっしゃっている。(http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/03/kaiken/kaiken-h21.html)

昨年、「皇室Our Imperial Family」 第48号のインタビューの中で
三笠宮寛仁親王殿下のご長女彬子女王殿下は
「数年前の議論を思い返すと、今の日本人は皇室の伝統を知る機会がないのだと思います。
これまで日本と皇室が培ってきた伝統や、歴代天皇がどういった経緯で即位されたのか、
男系を維持してきた理由などをきちんと勉強したうえでの女系容認であれば仕方がないと思いますが、
男女平等、機会均等といった現代の考え方だけで議論を尽くさないまま判断するのは危険ではないでしょうか。」
次女の瑶子女王殿下は
「皇室の伝統のうち、残していく部分と変えていく部分をどのように判断するのか。
伝統に囚われすぎることなく、なおかつ時代の風潮に流されることもなく、
さまざまな考えを持った人々が意見を出し合い、慎重に見定めていかねばならない問題だと思います。
ただ私自身は、いずれは嫁いで一般の身になると思って過ごしてまいりましたし、
お相手がいればぜひ結婚したいと思っています。そしてごく普通の名字になって、
名前を呼ばれても周りから振り返られなくてもいいようになりたいですね。」

ご結婚適齢期を迎えた女王殿下(そのお父上の寛仁親王殿下はいわずもがな)も、
お二人の内親王殿下がまもなく適齢期を迎える秋篠宮家でも女性宮家創設を望んでいるとは思えない。

皇室を守るというのならば、役目を果たさず、内側から破壊し続けている人をなんとかすべき。
公務をする頭数には最早入っていない。病気だというのだから解放してあげてはどうか?
皇統は男系男子という原則を守る気が政府にあるのならば
女性宮家などという話は出てこないはず。


カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ