日記(5/15)

昨夜、友達と3人で居酒屋へ。
外で飲むのは震災以来初めて。
そのうちのひとりは津波を実際に経験した。
孤立した建物で一晩過ごし、翌日まだ水が引いていない状態の中
数人で10数キロを歩いて帰ってきたという・・・
暖をとるために流れてきた家の中から毛布を拝借したとか
帰り道、どうしても空腹で壊れた店内から泥だらけのパン(袋の中身は大丈夫だったらしい)と
飲み物を持って来てしまった(いつか店が再開したらお詫びして代金は払いたいと言っていた)とか
途中の飲食店の店先でご飯がただで配られていて
涙がでるほどありがたかったとか
水の中は通りかかった見知らぬお兄さんを呼び止めて無理矢理つかまって歩いたとか・・・
車がいとも簡単にひっくりかえる様子とか、あっという間に水位があがってどうしようもなかったとか・・・
生々しい証言だった。
無事で本当に良かった。
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

書き主

おおやしまねこ